【イギリス】時差・通貨・チップ・電圧・水・トイレ・治安・マナー・気候・会話・グルメ紹介

この度は数多くのブログが存在する中『JiNA’S WORLD』にアクセスしていただきありがとうございます!

私はこのブログ運営しているジーナ(JiNA_0318)です。宜しくね!☺

今回ブログにアクセスしていただいた皆々様は、イギリス旅行を計画されている方や、又は関心を抱かれている方が多くいらっしゃると思うのですが・・・

そんな皆様のために!イギリスがどんな国なのか?という疑問に応えるべく、ブログを通して情報を発信していきたいと思います。

これからイギリス旅行へ出かける方や、イギリス旅行に興味があるという方の少しでもお役に立てたら幸いです☺

それでは早速!イギリスがどんな国なのか(時差・通貨・チップ・電圧・水・トイレ・治安・マナー・気候・会話・グルメ・おすすめポイント)をご紹介していきたいと思います~♪

イギリスの基本情報

正式国名 : グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国
面積   : 約24万km²
人口   : 約6,410万人
首都   : ロンドン
種族   : イングランド人83%・スコットランド人8%・ウェールズ人5%・アイルランド人3%・マン人。(アフリカ・インド・カリブ海諸国など旧植民地や中国からの移民も多くいます。)
宗教   : 英国国教会が半数以上。他カトリック・イスラム・ヒンドゥー・ユダヤ教など
言語   : 英語(公用語)・ゲール語・ウェールズ語・スコットランド語など

イギリスと日本の時差

イギリスと日本の時差はマイナス9時間となっていて、日本がお昼12時の場合、イギリスは同日の朝3時となります。

<サマータイム>

3月最終日曜日から10月最終日曜日までがサマータイムとなり、この期間は日本の時刻からマイナス8時間となります。

ポイント!
サマータイムの時期は日本がお昼12時だった場合…イギリスは朝の4時だよ!

イギリスの通貨

イギリスの通貨はポンド(£)とペンス(p)が使われています。

<硬貨の種類>

1p・2p・5p・10p・20p・50p・£1・£2

<紙幣の種類>

£5・£10・£20・£50

現在のレート価格で表すと1ポンド=140.20円(※2018/12/28現在)

<税金>

イギリスで買い物をする際は、ほとんどの商品に付加価値税VATが20%が含まれています。

旅行者は手続きをすれば手数料などを差し引いた額が戻ってきますが、ホテル代や飲食代は還付されないので要注意!

ポイント!
スコットランド・北アイルランド・マン島では独自の通貨が流通していますが価値は同じ!

イギリスはチップがいるの?

イギリスではレストランやホテルなどサービス料金が含まれている場合もあり、チップは必ずしも払わなければならないという義務付けられた物ではありません。

しかし素敵なサービスを受けた場合は感謝の気持ちとして、相場のチップを渡すようにしましょう。

ホテル   : 何か頼んだ時やベルボーイへ渡す際1~2ポンド程度が目安となっていて、清掃やベッドメイキングでのチップは基本的に必要ありませんが、散らかしてしまった場合はチップを払うようにしましょう。

タクシー  : キリの良い額を支払いチップとして渡す。(料金+1ポンド強の額を支払うのが目安)

レストラン : サービス料が含まれていない場合は料金の10~15%を目安にチップを払う。またカジュアルなレストランの場合はチップは不要ですが、渡したい時は料金の10%が目安。

ポイント!
高級レストランなどで料金を支払う際「service charge(サービス料)/通常10%~12.5%程度」と記載がある場合はチップ不要!

イギリスの電圧とプラグ

イギリスでは電圧が220/240V、周波数は50Hzとなっていて、プラグはBFタイプが使われています。

ポイント!
日本の電化製品を使う際は変圧器と変換プラグを使いましょう!

イギリスの水道水・トイレ情報

イギリスの水道水は日本と違い硬水ですが問題なく飲むことができます。

しかし、お腹を壊すか心配な方(飲みなれていない方)は、市販のミネラルウォーターを飲むことがおすすめ!

そして気になるイギリスのトイレ事情ですが、紙も備え付けられていて水に流すこともできますし(場所によっては流さない所もあり)、ウォシュレットはありませんが綺麗で日本のトイレ環境に似ています。

デパートやホテルだけでなく、駅にもトイレがありますし、美術館や博物館でもトイレに入ることができるので、外出先でも困ることはないでしょう。

トイレによっては無料の所もあれば有料の所もあり、料金を支払う場合は20~50ペンスが相場となっています。

ポイント
セント・ポール寺院の地下のトイレが綺麗で使いやすかったよ!

イギリスの気になる治安

イギリスは比較的に治安が良い方ですが、大都市では犯罪発生が多くなり、中でも公共交通機関(電車・バスなど)を利用する際や、観光地の人込みではスリに注意!

そして、レストランやカフェで食事をする時など、座席にバッグを置いたままにすると置き引きの被害に遭う可能性が大きくなるので気をつけたいところ!

貴重品は一カ所にまとめず肌身離さず分散して持ち、パスポートや多額の現金はホテルの安全な場所で管理しましょう。

ポイント!
私がロンドン観光している時スリなどの被害には遭いませんでしたが、電車を待っている時に男性に後をつけられた…スリや置き引き以外でも気をつけましょう!

イギリスのマナーについて

イギリスへ訪れた際に気をつけたいマナーがいくつかあるのでご紹介したいと思います。

・大声を出すのはNG

イギリスでは大声で話したりすることはマナーが良くないと認識されるので注意!

レストランで店員さんを呼ぶ時も声を上げるのではなくアイコンタクトで!

・鼻をすするのはNG

鼻をすすることはマナーとして良くないと認識する国が多く、イギリスも例外ではありません。※鼻はすするのではなくティッシュでかみましょう!

・列に割り込むのはNG

一般的にイギリスではフォーク式と呼ばれる列に並びます。

※一列に並び空いた窓口へ順番に向かう

・裏ピースNG

写真を撮る時にピースを裏側にする人がいますが、これはイギリスでは侮辱行為に入ります。

写真を撮る際は表ピースで撮るようにしましょう!

・挨拶しないのはNG

レストランやショップなどお店に入った場合は店員さんに軽く挨拶をしましょう。

・目を逸らすのはNG

ふとした瞬間に誰かと目が合った場合、逸らしてしまうとイギリスでは感じの悪い人と認識されるので、笑顔で返しましょう。

ポイント!
道を歩いている時に人とぶつかってしまったら「Sorry」と声を掛けるのがイギリス・マナーだよ!

イギリスの気候

イギリスは南北に少し長い形をしていますが、地域間での気温の差はあまりありません。

しかし、1日の中で4つの季節があると言われるほど天気が変わりやすいのが特徴的で、観光をする際は温度調節ができるよう羽織物があると便利です。

<春:3~5月>

首都のロンドンでは日中は暖かく感じても急に雨が降ることも・・・

防寒対策だけでなく雨具の用意もしましょう!

<夏:6~8月>

首都のロンドンでは気温が30度近くなることもありますが、湿度が低いので過ごしやすく感じるでしょう。

朝晩は急に冷え込んでくるので夏でも羽織る物を用意しましょう!

<秋:9~11月>

首都のロンドンでは曇り空が多くなる季節。

朝晩はかなり冷え込んでくるので、セーターやジャケットなどで防寒対策をしましょう。

<冬:12~2月>

首都のロンドンでは冬に霧が発生することも多く、日照時間も短くなっているので防寒対策が必須!

コートだけでなくマフラーや帽子、手袋やカイロなどを用意して寒さ対策をしましょう!

ポイント!
私がロンドン観光をしたのは10月上旬だったのですが、昼間はジャケットを羽織ればちょうど良く過ごせましたが、夜は少し冷え込みました。

イギリス観光で使えるフレーズ

日本に訪れた観光客の方から道を聞かれて、最後に片言で「ありがとう」と言ってもらえると、感謝の気持ちが伝わりやすくなり嬉しさが倍増しますよね♪

その気持ちは私たち日本人だけでなく世界共通だと思います。

イギリス旅行で訪れた際は英語で挨拶ができるように、ここで日常で使えるフレーズをいくつかご紹介したいと思います☺

こんにちは  : Hi!/Good afternoon (ハイ!/グッアフターヌーン)

こんばんは  : Good evening! (グッイブニング)

ありがとう  : Thanks(サンクス)

お願いします : Please (プリーズ)

さよなら   : Good bye (グッバイ)

おいしい   : Delicious (デリシャス)

はい     :   Yes/イエス

いいえ    : No/ノー

いくら?   : How much is this? (ハウ マッチ イズ ディス?)

私が食べたイギリスグルメ♪

私がロンドン観光で食べたイギリスを代表する料理と、イギリスで味わった日本料理をご紹介したいと思います☺

イギリスと言えばアフタヌーン・ティーが有名ですが、白身魚をフライにしたフィッシュ・アンド・チップスも有名!

こちらはロンドン塔の前にあったお店で購入し、タワー・ブリッジを眺めながらいただいたものです。

大きな白身魚がサクサクの衣に包まれていて食べごたえ十分!

魚の下にはフライドポテトも敷き詰められていて、これ1つ頼めばお腹を満たすことができました。

シンプルな味付けでケチャップをつけながらいただきましたよ~

そして、こちらはロンドンで見つけた握り寿司!

日本を離れて1ヶ月半。そろそろお寿司が食べたいな~と思い、店内に入ってイギリス版握り寿司をいただいたのですが・・・

生姜・わさび・醤油もちゃんとついていて、気になる味も生臭くなく、日本人でも食べられる美味しさだった!

よくヨーロッパでお寿司屋さんを見かける機会があり、おいしくないだろ?と思っていたのですが、想像していたよりもクオリティーが高くてビックリした1品でした♪

私が訪れたイギリス旅行記

私は2016年の10月上旬に1人ロンドン観光をしてきたのですが、ロンドンパスを事前に用意していたので、人気観光地のほとんどを周ることができました♪

これからイギリス旅行へ出かける方や、イギリスがどんな所か興味があるという方は、是非参考にこちらもご覧ください☺

はじめてのクルーズ旅!in ロンドン

イギリスのおすすめポイント!

歴史が深く世界遺産もたくさんあるイギリスは、ダイアナ妃やビートルズの故郷であり、ハリー・ポッターの舞台ともなった国!

古き時代を感じることができる古城巡りや、イギリスの豊かな自然を感じることができる田舎町など、見どころ満載となっていて何度でも足を運びたくなる魅力に包まれていますよ~

これからイギリス旅行に訪れる計画がある人も、イギリスに興味があると言う人も、素敵な旅の思い出が作れるといいですね☺

スポンサーリンク

Share

follow