トゥクトゥクで恐怖のインド・コーチン観光

どうも~ジーナ(@JiNA_0318)です☻

前回に引き続きインドのコーチンツアーをご紹介します!

子供たちとお別れした後は、トゥクトゥクに乗って街の観光へ行きました。

写真:インド(トゥクトゥク)

インドに行くなら乗りたい!と思っていたので、嬉しかったです~

写真:インド(トゥクトゥク)

ツアーに参加した人数は30名くらいいたので、トゥクトゥクがいっぱい出迎えてくれました!

後ろの方までズラーっと並んでいますよ~

1台につき2~3人乗れるので、船の中で仲良くなった女子と一緒に乗せてもらいましたぁ~

写真:インド(交流ツアー)

出発前におやつをもらいました!

暑くて喉が渇いていたので嬉しいです~

グァバジュースみたいな味で、とても美味しかったですよ~

体も潤って人生初めてのトゥクトゥクに乗れることにワクワク!

だけどトゥクトゥクに乗って走り出した瞬間に、想像していた乗り心地とは違い、絶叫することになりました。笑

私、絶叫マシーンに平気で乗れるのですが・・・

トゥクトゥクに乗っていた20分間に、死ぬ!って思う瞬間が最低でも3回ありました。

インドの道はガタガタしていて、何かに掴まっていなければ体を支えられません。

おまけに1列に並んで走る20台のトゥクトゥクが、競争するんです。

正面から対向車が来ていてもお構いなしで猛スピードを出すので、思わず叫ばずにはいられない状況です。

しかも私たちが乗っていたトゥクトゥクの運転手さんは、負けず嫌いなのか先頭をキープしたがるんですけど、結局道が分からないようで・・・

追い越されては追い抜かしてという繰り返す中、ずっと絶叫していました。笑

写真:インド・コーチン観光(聖フランシス教会)

無事にたどり着くことができて、まずフォートコーチン地区にある聖フランシス教会に着きました。

シンプルな外観で綺麗なのですが、残念なことに中は内装途中で真っ暗でした。

写真:インド・コーチン観光(聖フランシス教会)

こんな感じで日の光が入ってこないので、真っ暗なんです。

写真:インド・コーチン観光(聖フランシス教会)

そして、この教会にはポルトガルの探検家であるヴァスコ・ダ・ガマのお墓があるんですよ~

1524年に亡くなり葬儀が行われたのですが、のちに遺体は母国のポルトガルへと移されたようです。

写真:インド・コーチン観光

そして次に向かったのは、インドのビーチです。

ネットでよく見かけるチャイニーズ・フィッシング・ネットがありました~

写真:インド・コーチン観光

これで魚を捕るんですね~

思ったよりも大きくて、海沿いに何個もありましたよ~

写真:インド・コーチン観光

もう少し近くで見てみるとこんな感じです。

写真:インド・コーチン観光

そしてコーチンの街並み。

かわいらしいヨーロッパ調の建物があり、イギリスの植民地時代の名残が残っているようです。

写真:インド・コーチン観光

レストランはこんな感じです。

シンプルな外観ですけど、かわいらしいですね~

写真:インド・コーチン観光

レストラン以外にも、お店がいくつかありましたよ~

写真:インド・コーチン観光

こちらはお魚屋さん。

捕れたての魚がそのまま置いあるみたいです。

~ツアーはここまで終了です~

この後は20分ほどの自由時間を使って、お土産を購入してバスに乗って船へと帰りました。

インドの人たちはとても人懐っこくて、子供たちは元気がいっぱいでした!

クルーズに乗って初めてのツアーに参加したのですが、現地の人とこういった形で交流できて、いい経験になりました。

インドの次はヨーロッパに向かうのですが、これから約2週間船の中に缶詰め状態になります。

念願のヨーロッパに無事にたどり着くことはできるのか?

次回は2週間の船の中の生活をご紹介したいと思うので、お楽しみに~☺

スポンサーリンク

Share

follow