おすすめ映画!『ボーダーライン』ネタバレなし紹介

どうも~ジーナ(@JiNA_0318)です☻

映画が好き!毎日必ず1本は見ている!

そんな私がおすすめする作品はこれ!

2016年に日本で公開された『ボーダーライン』をご紹介します。

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が贈る『ボーダーライン』は、メキシコが抱える麻薬戦争を舞台にしたサスペンス作品。

主演は実力派女優エミリー・ブラントが務め、 ベニチオ・デル・トロや ジョシュ・ブローリンなどの豪華俳優陣が出演しています。

※R15+(15歳以上対象)

【受賞】

批評家から高く評価された『ボーダーライン』は、数々の賞でノミネートされ、ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 2015ではスポットライト賞を受賞した作品となっています。

【キャスト】

映画『ボーダーライン』の豪華キャストをご紹介します。

ケイト・メイサー     : エミリー・ブラント

アレハンドロ       : ベニチオ・デル・トロ

マット・グレイヴァー   : ジョシュ・ブローリン

デイヴ・ジェニングス   : ヴィクター・ガーバー

テッド          : ジョン・バーンサル

レジー・ウェイン     : ダニエル・カルーヤ

スティーヴ・フォーシング : ジェフリー・ドノヴァン

ラファエル        : ラオール・トゥルヒージョ

ファウスト・アラルコン  : フリオ・セサール・セディージョ

フィル・クーパーズ    : ハンク・ロジャーソン

マニュエル・ディアス   : ベルナルド・サラシーノ

シルヴィオ        : マキシミリアーノ・ヘルナンデス

バーネット        : ケヴィン・ウィギンズ

ギレルモ         : エドガー・アレオラ

【おすすめポイント】

正直、主演を務めたエミリー・ブラントが好きで見た映画なのですが、目を覆いたくなるシーンがあり衝撃を感じずにはいられなかったです。

この映画はストーリーを楽しむとか、スリルを楽しむという目的ではなく、実際にメキシコで起きた(現在も続いている)麻薬戦争の実態を学ぶことができる作品となっています。

映画の中では私たち日本人には想像もできないことが起こっているのですが、メキシコ麻薬戦争では、実際にもっと恐ろしいことが繰り広げられています。

この映画を見終わった後は、日本に生まれた自分がどれだけ恵まれた環境で生きているのか思い知らされました。

今、世界でどんなことが起きているのか?

それを教えてくれるのも映画作品の魅力の1つではないでしょうか?

こちらの作品!

見てみたいけど借りに行くのが面倒!

だけど・・・今すぐ見たい!という方必見!

Amazonプライム会員、もしくは1クリック設定を行っている方は、Amazonビデオでレンタルすることができ、その場ですぐに視聴できるんですよ~

【おすすめサービス】

今すぐ映画を見たい!という方におすすめのサービスが『Amazonプライムビデオ』です~。

Amazonプライムビデオはプライム会員に月額400円(税込)、または年会費3,900円(税込)で入会することで、対象の映画やTV番組が見放題となり、まずはお試しで30日間の無料体験を利用することもできます。

そして!プライム会員になるとAmazonプライムビデオだけでなく、他にもたくさんのサービスも利用することができるようになりますよ~。

・お届け日指定やお急ぎ便が無料になる配送特典

・100万曲以上が聞き放題のPrime music

・写真を何枚でも保存ができるAmazon Photo

・対象のkindle本を毎月1冊無料で読めるKindleオーナーライブラリー

・通常よりもタイムセールに30分早く参加できる会員限定先行タイムセール

・見たい映画をレンタルして、その場ですぐに見ることができる!

ボーダーライン(字幕版)

【ネタバレなし!ストーリー】

FBI捜査官のケイトは特殊部隊にリクルートされ、メキシコ麻薬戦争のボスであるマニュエル・ディアスの捜査に参加する。

しかし、彼女は任務の作戦が違法性であることに気づき、正義を貫こうとするが、法無き世界では善悪の判断が深い闇に包まれていく。

メキシコで起きている麻薬戦争の現実をリアルに描いた『ボーダーライン』。

是非『Amazonプライムビデオ』でご覧ください。

スポンサーリンク

Share

follow