え?肩乗りウサギ!?私が遭遇した謎のウサギおじさん

どうも~ジーナ(@JiNA_0318)です☻

最近、私の相棒ネザーランドドワーフラビットのちゃちゃ丸が食欲旺盛で、ごはんをあげてもすぐに完食してしまう日々が続いております。

これって寒さのせいですかね?

もしかして冬眠の準備?なんて思ってしまうのですが、ウサギさんは冬眠しません!

しかし、朝でも夜でもご飯タイムになると毎回ちゃちゃ丸が目をキラキラ輝かせて見つめてくる・・・

こんな感じ。

何だよ~、めちゃくちゃカワイイじゃないか!笑

そして、このフサフサの冬毛がモフモフで堪らない~!

最近ちゃちゃ丸のおしりばかり撮影している私・・・変態か?笑

ちゃちゃ丸:『おしりばっかり見ないでよね!エッチ!』

そんなことを言っているかのような表情ですが、今日もちゃちゃ丸は元気です☺

でね、今回は前から気になっていたことをブログを通して紹介したいと思います。

それは・・・

都内で出没するウサギおじさんについて。

このウサギおじさんとは、私が勝手につけたニックネームなのですが、たぶん今までに2回遭遇したことがあるんですよ。

その気になるウサギおじさんと言うのが!

見た目は年齢不詳で正直これと言った特徴はないのですが、都会の中心に出没し必ずお供としてウサギを連れ歩くおじさんなのです。

私が初めてウサギおじさんと遭遇したのは、まだ20代前半の頃だった。

当時私は東京駅構内でお菓子の販売員をしていたのですが、列に並んでいたお客様のウエストポーチ的な袋の中から視線を感じた。

気になった私は視線の先に目をやると、何と白いウサギがお行儀よくウエストポーチ的な袋の中に綺麗におさまっていて、まるで可愛らしいぬいぐるみが入っているかのようだった。

もうビックリして目が点になって、私はウサギおじさんに話しかけたいオーラをプンプンに出したんだけど、逆にウサギおじさんは話しかけるなオーラをプンプンに放っていて、ただ見つめることしかできなかった・・・

そのウサギさんは飛び出すこともなく、お行儀よくウエストポーチ的な袋の中に入り続け、それが当たり前のことのようにウサギおじさんはお菓子を購入して去っていった。

私はこの光景を目の当たりにし、ウサギってどこでも一緒に行けるんだ!なんて思ってしまったが、その後一緒に暮らし始めた我が家のアイドルちゃちゃ丸は、キャリーバッグに入るのが大嫌いでお出かけどころではない。

果たして私が見たウサギおじさんは幻だったのか?

そんなことを思っていたある日!

友人とランチを食べる約束をし池袋に足を運んだ際、ウサギおじさんに遭遇したのである!

まだ友人との待ち合わせ時間に余裕があり、愛煙家の私は横断歩道にある喫煙所で一服していると、目の前でウサギを肩に乗せて歩いている男性を発見!

そのウサギさんは赤ちゃんではなく立派な大人のウサギさんだったんだけど、男性の歩く振動に微動だにすることなく、街の騒音に戸惑うこともなく、まっすぐ前を見据えて肩に乗っていた。

いちよ男性はキャリーバッグを持参していて、ウサギさんもリードがついているのは分かったんだけど、「それ必要ないよね?」という感じ・・・

そして割と体が大きめのウサギさんだったけど、肩に乗り続けるバランス力がマジ半端なくて安定感抜群の定位置となっていた。

信号待ちをする男性の姿を私は喫煙所からジッと見ていたのだけど、「あれ?この人どっかで見た事あるな・・・」と思い、8年くらい前に遭遇したウサギおじさんを思い出したのである。

まさか、こんな所でまた出会えるとは!?

私だってちゃちゃ丸と一緒に出掛けたい!と思うけど、臆病な性格のウサギさんが都会の騒音に耐えられるなんて不可能に近いよ!?

それを簡単に成し遂げてしまったウサギおじさん。

もう~こんな呼び方じゃ失礼すぎる!

この日を境に私の中でウサギおじさんは神がかった人物となった。

だからね、これからは勝手に『ウサギ師匠』と呼ぶことにする。

もしも、またどこかでウサギ師匠に会うことができたら、今度は必ず話しかけたい!

そしてウサギと仲良くなる秘訣を伝授してもらい、ちゃちゃ丸とさらに仲良くなれたら嬉しいんだけど・・・

私以外にもウサギ師匠を見かけた方はいますかね???

もしかして超有名人だったりしますかね???

それとも私の妄想だったのですかね???

ウサギ師匠の謎は深まるばかりなのである・・・

スポンサーリンク

Share

follow