【バチカン】時差・通貨・チップ・水・トイレ・治安・マナー・気候・会話を紹介

この度は数多くのブログが存在する中『JiNA’S WORLD』にアクセスしていただきありがとうございます!

私はこのブログ運営しているジーナ(JiNA_0318)です。宜しくね!☺

今回ブログにアクセスしていただいた皆々様は、バチカン観光を計画されている方や、又は関心を抱かれている方が多くいらっしゃると思うのですが・・・

そんな皆様のために!バチカンがどんな国なのか?という疑問に応えるべく、ブログを通して情報を発信していきたいと思います。

これからバチカン観光へ出かける方や、バチカンに興味があるという方の少しでもお役に立てたら幸いです☺

それでは早速!バチカンがどんな国なのか(時差・通貨・チップ・水・トイレ・治安・マナー・気候・会話・おすすめポイント)をご紹介していきたいと思います~♪

バチカンの基本情報

正式国名 : バチカン市国

面積   : 0.44 km²

人口   : 約819人

宗教   : カトリックの総本山

言語   : ラテン語(公用語)・イタリア語・フランス語

ポイント!
世界最小の国であるバチカン!しかし観光へ訪れる際はパスポートは不要ですよ!

バチカンと日本の時差

バチカンと日本の時差はマイナス8時間となっていて、日本がお昼12時の場合、バチカンは同日の朝4時となります。

<サマータイム>

3月最終日曜日から10月最終日曜日までがサマータイムとなり、この期間は日本の時刻からマイナス7時間となります。

ポイント!
サマータイムの時期は日本がお昼12時だった場合…バチカンは朝の5時だよ!

バチカンの通貨

バチカンで使われている通貨はユーロ!

<硬貨の種類>

1・2・5・10・20・50ユーロセント

1・2ユーロ

<紙幣の種類>

5・10・20・50・100・200・500ユーロ

現在のレート価格で表すと1ユーロ=126.53円(※2018/12/27現在)

ポイント!
バチカンはEU加盟国ではないのですが1999年にユーロを導入したよ!

バチカンはチップがいるの?

基本的にチップは義務付けられてはいませんが、レストランでサービス料が含まれておらず、素敵なサービスを受けた場合は、感謝の気持ちとして料金の5~10%をチップとして渡しましょう。

ポイント!
教会や美術館ではチップではなく寄付する方もいるよ!

バチカンの水道水・トイレ情報

バチカンの水道水は飲むことはできますが、ミネラルウォーターを飲むことが無難。

そしてバチカンのトイレ事情は場所によりさまざま。

ヨーロッパでよく見かける便座が無いタイプのものもあれば、便座があって日本人の目線からでも綺麗だと感じるトイレがあるようです。

サン・ピエトロ広場の一角に無料トイレがあるようですが、並ぶ可能性は大きく、室内にもショップやレストランにトイレはありますが、なるべくホテルなどで済ませておくのがおすすめ!

バチカンの気になる治安

バチカン美術館へ訪れる際はセキュリティーチェックを受け、憲兵もいるので治安の心配はなさそうですが・・・

サン・ピエトロ大聖堂は入場料もなく、誰でも自由に立ち入ることができます。

そのため油断をしているとスリの被害に遭ってしまうかも!?

特にサン・ピエトロ大聖堂の入り口付近にあるミケランジェロ作の『ピエタ像』の前は、たくさんの人で賑わっているので、気を抜きすぎないように気をつけましょう!

バチカンのマナーについて

これはバチカンにだけ言えることではないのですが、ヨーロッパの教会へ訪れる際に露出の多い服装だと入場拒否されることがあります。

バチカン市国はカトリックの総本山!

訪れる際は露出が少ない服装で行きましょう。

そしてバチカン市国では毎週水曜日に法王謁見があり、日曜日にはミサがあります。

そのため大勢の信者の方々が訪れるので、観光をする際は迷惑にならないように気をつけましょう。

ポイント!
バチカンへ訪れる際は事前にチケットを購入し朝早くに訪れるとスムーズに観光できるよ!

バチカンの気候

バチカンは7・8月が最も暑く夏の期間は短く、1・2月が最も寒く長い冬の期間が続くことが特徴的。

また気温は1 年を通して 3度~ 31度に変化し、春と秋は雨季にあたり、夏は乾季になります。

ポイント!
私がバチカンへ訪れたのは9月中旬だったのですが、館内は日差しを遮り涼しく、半袖で観光している人が多かったですよ~

バチカン観光で使えるフレーズ

日本に訪れた観光客の方から道を聞かれて、最後に片言で「ありがとう」と言ってもらえると、感謝の気持ちが伝わりやすくなり嬉しさが倍増しますよね♪

その気持ちは私たち日本人だけでなく世界共通だと思います。

そこで!バチカンの公用語であるラテン語の使える日常会話フレーズをご紹介したいと思います。

もしも使う機会が見つかれば是非ラテン語で話してみてくださいね☺

こんにちは  : salve/サルウェー

ありがとう  : gratias tibi ago/グラーティアース・ティビ・アゴー

さよなら   : vale/ワレー

はい     :   sic/シク

いいえ    : non/ノン

私が訪れたバチカン旅行記

私は2016年の9月中旬にバチカン市国へ訪れたのですが、事前に日本でバウチャーを手に入れていたため、列に並ぶことなくすんなりと入場することができました。

もしもバウチャーを取っていなければ・・・

暑い中、2時間待ちは当たり前となっているので、バチカンを観光する際は事前にバウチャーを用意しておくことがおすすめです!

そんな私のバチカン観光が気になる方は是非こちらからご覧ください☺

どうも~ジーナ(@JiNA_0318)です☻ 今回はイタリア・ローマ観光の引き続きで、国全体が世界遺産に登録されている、バチカ...

どうも~ジーナ(@JiNA_0318)です☻ 前回はバチカン美術館内にあるピナコテカ(絵画館)をご紹介したので、今回はピオ・ク...

どうも~ジーナ(@JiNA_0318)です☻ 前回のピオ・クレメンティーノ美術館の続きで、燭台のギャラリーをご紹介したいと思い...

どうも~ジーナ(@JiNA_0318)です☻ 前回の引き続きで、今回はタペストリーのギャラリーと地図のギャラリーをご紹介したい...

どうも~ジーナ(@JiNA_0318)です☻ 今回はバチカン美術館内にある「ラファエロの間」をご紹介します。 前...

どうも~ジーナ(@JiNA_0318)です☻ 今回はバチカン市国にあるシスティーナ礼拝堂をご紹介したいと思うのですが・・・ ...

どうも~ジーナ(@JiNA_0318)です☻ 前回はシスティーナ礼拝堂をご紹介したのですが、写真撮影NGということで、文章だけ...

どうも~ジーナ(@JiNA_0318)です☻ 今回はサン・ピエトロ広場をご紹介します。 イタリアのローマにあるバチカン市国には、...

バチカンのおすすめポイント!

ヨーロッパ観光では教会を訪れる機会が多いと思いますが、バチカン市国にあるサン・ピエトロ大聖堂は迫力満点で開いた口が塞がらない!状況になること間違いなし。

美術館にはラファエロ・ミケランジェロ・ダヴィンチといったルネサンスを代表する三代巨匠の作品があり、美術に興味がない方でも人の成す技や芸術魂に心が掴まれますよ~

1度行っただけでは物足りない!何度でも行きたくなるバチカン市国で素敵な旅の思い出が作れるといいですね☺

スポンサーリンク

Share

follow