【パナマ】時差・通貨・チップ・電圧・水・トイレ・治安・マナー・気候・会話・グルメ紹介

この度は数多くのブログが存在する中『JiNA’S WORLD』にアクセスしていただきありがとうございます!

私はこのブログ運営しているジーナ(JiNA_0318)です。宜しくね!☺

今回ブログにアクセスしていただいた皆々様は、パナマ旅行を計画されている方や、又は関心を抱かれている方が多くいらっしゃると思うのですが・・・

そんな皆様のために!パナマがどんな国なのか?という疑問に応えるべく、ブログを通して情報を発信していきたいと思います。

これからパナマ旅行へ出かける方や、パナマ旅行に興味があるという方の少しでもお役に立てたら幸いです☺

それでは早速!パナマがどんな国なのか(時差・通貨・チップ・電圧・水・トイレ・治安・マナー・気候・会話・グルメ・おすすめポイント)をご紹介していきたいと思います~♪

パナマの基本情報

正式国名 : パナマ共和国

面積   : 7万5517km2

人口   : 約393万人

首都   : パナマ・シティ

種族   : 混血70%・アフリカ系14%・欧州系9%・クナ・エンベラなどの先住民7%

宗教   : カトリック85%・プロテスタント13%・その他2%

言語   : スペイン語(公用語)

パナマと日本の時差

パナマと日本の時差はマイナス14時間となっていて、日本がお昼12時の場合、パナマは前日の夜10時となります。

<サマータイム>

パナマではサマータイムは実施していません!

ポイント!
パナマではサマータイムが実施されていないので、どの時期でも時差は-14時間!

パナマの通貨

パナマでは自国の通貨がなくアメリカ・ドルがそのまま使われていますが、正式名称を「バルボア」と呼んでいます。

<硬貨の種類>

1・5・10・25・50センタボ(c)の5種類。

※硬貨はパナマ硬貨も流通していますが価値は同じ!ただしアメリカでパナマ硬貨は使用できません。

<紙幣の種類>

1・5・10・20・50・100ドルの6種類

現在のレート価格で表すと1アメリカ・ドル=109.08円(※2019/1/2現在)

<税金>

通常パナマでは税金が5%含まれている。

また中級以上のホテルに宿泊すると10%の宿泊税が加算されます。

ポイント!
パナマの硬貨はバルボアの肖像画などが書かれていて大きさと材質はアメリカ硬貨と変わらない!

パナマはチップがいるの?

もともとパナマではチップの習慣がありませんでしたが、外国人旅行客が増えたことにより、今ではチップを渡す習慣が定着しています。

素敵なサービスを受けた場合は感謝の気持ちとして、払い過ぎに注意をし、相場のチップを渡すようにしましょう。

ホテル   : 何か頼んだ時やベルボーイへ渡す際1~2ドルが目安。

タクシー  : 基本的には必要ないですが、荷物を運んでもらった場合などはキリの良い額を支払うのがいいでしょう。

レストラン : サービス料が含まれている場合は必要ありませんが、含まれていない場合は料金の10%が目安となっていて、庶民的な食堂ではチップは不要。

ポイント!
もしもツアーに参加した場合はガイドさんに料金の10%をチップとして渡すのが目安!

パナマの電圧とプラグ

パナマでは電圧が110V、周波数は60Hzとなっていて、プラグは日本と同じAタイプが使われています。

ポイント!
パナマの電圧は不安定なため日本の電化製品を使う際は変圧器を利用した方がいい場所もあるよ!

パナマの水道水・トイレ情報

パナマの水道水は問題なく飲むことができるのですが、お腹を壊すか心配な方は市販のミネラルウォーターを購入するか、一度沸騰させてから飲むことがおすすめ!

そして気になるパナマのトイレ事情ですが、お世辞でも「綺麗なトイレですね~」と言えないような場合も・・・

また水圧が弱いためティッシュをそのまま便器に流すと詰まる恐れがあり、ゴミ箱に捨てるようにしましょう。

ポイント!
パナマ・クリストバル港にあるお店でトイレを借りたら…流れない!さらに便座はあるけど汚かったのでティッシュと抗菌ウェットティッシュを持って行くのがおすすめ!

パナマの気になる治安

私がクルーズ旅で訪れた中米の中(バハマ・キューバ・ジャマイカ・グアテマラ・メキシコ)で、最も治安が悪いと言われたのがパナマでした。

しかし首都のパナマ・シティーや新市街や地方都市では治安は良好と言われていて、国が観光に力を入れているため観光警察の増強もされています。

※実際にクリストバル港で軍服のような制服を着た人が警備していたのですが、大きな銃を持っていて、それを見て逆に怖かったのを今でも覚えています。

パナマ旅行へ出かける際はスリや置き引きに注意し、さらに危険なエリアに足を運ばないように気をつけましょう。

<パナマ危険エリア>

パナマ・シティ旧市街近くにあるスラムと、サン・ミゲリート、コロンの全域は凶悪犯罪の発生率が高くなっている。

またダリエン県・エンベラ自治区・クナ・ヤラ自治区のコロンビアとの国境地域は密林地帯で、ゲリラが潜む危険地域となっている。

ポイント!
危険を避けるためクリストバル港で1日過ごしたのですが、それでもMから始まる言葉を買わないか?と声を掛けてきた男性がいて、港なら安心だと思い込んでいた私はビックリして固まってしまいました…

パナマのマナーについて

歴史的な背景により、パナマは多様な民族で構成されていて、お祭り好きな明るくオープンな性格の人が多くなっています。

しかしパナマの教会へ訪れる場合は信仰の場であるため、帽子を脱ぎ・露出を控え・飲食物の持ち込みなど最低限のマナーには気をつけましょう。

また教会ではフラッシュ撮影が基本的に禁止となっているので、写真を撮る際にもマナーを守るようにしたいですね。

ポイント!
パナマでは2009年から建物敷地内での喫煙が禁止になったよ!

パナマの気候

パナマの気候は乾季と雨季に分かれていますが、赤道近くに位置しているため高温多湿な気候が1年間続きます。

パナマに旅行へ出かける際は、日焼け止め・帽子・サングラスなどで日焼け対策をし、高原を訪れる際は夜に冷え込むので長袖を持って行くようにしましょう。

また長距離バスに乗る際は冷房が効いているので羽織る物があると便利!

<乾季:12月半ば~4月>

パナマでは1~3月が比較的に過ごしやすくなっていて、観光シーズンとなっていますが、最も暑い時期が4月となっています。

<雨季:5~12月半ば>

パナマの雨季は日本と違い1日中雨が降り続くことがないのですが、短時間で集中的に激しい雨が降るスコールが発生します。

折りたたみ傘やレインコートなどの雨具対策を用意しましょう。

ポイント!
私がパナマ(クリストバル)に訪れたのは10月最後の日だったのですが、雨が降ることもなく1日中ノースリーブにデニムで過ごしやすかったですよ~

パナマ観光で使えるフレーズ

日本に訪れた観光客の方から道を聞かれて、最後に片言で「ありがとう」と言ってもらえると、感謝の気持ちが伝わりやすくなり嬉しさが倍増しますよね♪

その気持ちは私たち日本人だけでなく世界共通だと思います。

そこで!パナマでは公用語がスペイン語となっているのですが、旅行で訪れた際に使える日常会話を紹介するので是非参考にご覧ください☺

こんにちは  : Buenas tardes(ブエナス タルデス)

こんばんは  : Buenas noches(ブエナス ノチェス)

ありがとう  : Gracias(グラシアス)

お願いします : Por favor(ポル ファボール)

さよなら   : Adiós(アディオス)

おいしい   : Está buena(bueno)(ブエナまたはブエノ)

はい     :   Si (スィ)

いいえ    : No (ノー)

いくら?   : ¿Cuánto cuesta?(クアント クエスタ)

ポイント!
スペイン語の「hola! (オラ)=やぁ!」は時間帯を気にせずに使える便利な挨拶フレーズ!

私が食べたパナマグルメ♪

私はクルーズ旅で2016年10月後半にパナマのクリストバル港の観光に訪れたのですが、港にあったレストランでおいしい料理を食べてきたので紹介したいと思います~☺

こちらはレストランでいただいたピザ・アヒージョ・ポテトフライ・サラダ!

ドリンクの種類も豊富で料理もどれも美味しかった♪

クリストバル港にはレストラン・お土産屋さん・ミニカジノ・スーパーがあり、1日中いてもゆっくりと過ごすことができて楽しかったよ~

私が訪れたパナマ旅行記

パナマの治安はとにかく悪い!

高価な腕時計をしながら観光をしていると腕を切られる!と言われ、危険を避けるためクリストバル港で過ごしたのですが・・・

港には大きなスーパーがあり、船の中で使う日用品を購入することもできたのでよかった!

パナマのクリストバル港で過ごした様子と、クルーズで渡航したパナマ運河の様子も、是非こちらからご覧ください☺

どうも~ジーナ(@JiNA_0318)です☻ 今回はクルーズ22寄港地目となるパナマのクリストバルの紹介をしたいと思います~ ...

どうも~ジーナ(@JiNA_0318)です☻ 今回はパナマのクリストバルから次の寄港地へ訪れる際に通航した『パナマ運河』につい...

パナマのおすすめポイント!

パナマ旅行へ出かける際は治安の心配もありますが、自然が豊かで世界遺産も見どころ!

これからパナマ旅行に訪れる計画がある人も、パナマに興味があると言う人も、素敵な旅の思い出が作れるといいですね☺

スポンサーリンク

Share

follow