【メキシコ】時差・通貨・チップ・電圧・水・トイレ・治安・マナー・気候・会話・グルメ紹介

この度は数多くのブログが存在する中『JiNA’S WORLD』にアクセスしていただきありがとうございます!

私はこのブログ運営しているジーナ(JiNA_0318)です。宜しくね!☺

今回ブログにアクセスしていただいた皆々様は、メキシコ旅行を計画されている方や、又は関心を抱かれている方が多くいらっしゃると思うのですが・・・

そんな皆様のために!メキシコがどんな国なのか?という疑問に応えるべく、ブログを通して情報を発信していきたいと思います。

これからメキシコ旅行へ出かける方や、メキシコ旅行に興味があるという方の少しでもお役に立てたら幸いです☺

それでは早速!メキシコがどんな国なのか(時差・通貨・チップ・電圧・水・トイレ・治安・マナー・気候・会話・グルメ・おすすめポイント)をご紹介していきたいと思います~♪

メキシコの基本情報

正式国名 : メキシコ合衆国

面積   : 約196万4375km2

人口   : 1億2920万人

首都   : メキシコ・シティ

種族   : メスティソ(先住民とスペイン系白人の混血)約60%・先住民約30%・スペイン系白人約9%

宗教   : キリスト教(約90%がカトリック)

言語   : スペイン語(公用語)

メキシコと日本の時差

メキシコは4つの地域に区切られ時差もそれぞれ異なります。

・中部標準時(CST) :マイナス15時間

・東部標準時(EST) :マイナス14時間

・山岳標準時(MST) :マイナス16時間

・太平洋標準時(PST) :マイナス17時間

<サマータイム>

4月第1日曜~10月最終日曜まではメキシコ全土でサマータイムが実施されます!

※東部標準時(EST)とソノラ州では実施されない。

・中部標準時(CST) : マイナス14時間

・太平洋標準時(PST) :マイナス16時間

・山岳標準時(MST) : マイナス15時間 ※ソノラ州ではサマータイム実施なし!

ポイント!
メキシコは地域によって時差やサマータイムの導入も変わってくるので訪れる地域の情報を事前にチェックしておきましょう!

メキシコの通貨

メキシコの通貨はペソ(Peso)と補助単位がセンタボ(Centavo)!

<硬貨の種類>

1・2・5・10・20ペソ

10・20・50センタボ

<紙幣の種類>

20・50・100・200・500・1000ペソ

現在のレート価格で表すと1メキシコ・ペソ=5.50円(※2019/1/4現在)

<税金>

通常は付加価値税(IVA)16%が課税されていますが、宿泊税(ISH)3~5%を徴収される場合もあります。

TAX BACK加盟のショップで1200ペソ以上購入した場合は、領収書をもらいメキシコシティ・カンクン・ロスカボスなど国際空港内の「TAX BACK」デスクで税金還付の手続きができます。

ポイント!
税金還付は宿泊費・食べ物・飲み物・タバコ・本・薬などは対象外!

メキシコはチップがいるの?

メキシコはチップの習慣があります!

メキシコ旅行へ訪れるならマナーとしてしっかりと相場のチップを渡すようにしましょう。

ホテル   : 何か頼んだ時やベルボーイへ渡す際は10~20ペソ程度が目安。

タクシー  : 基本的には必要ないですがキリの良い額を支払うのがいいでしょう。

レストラン : 料金の10~15%が目安となっていて、お釣りの小銭を残すのが基本となっている。

ポイント!
スペイン語でチップのことを”propina(プロピナ)”と言うよ!

メキシコの電圧とプラグ

メキシコでは電圧が110V・120V・127V、周波数は60Hzとなっていて、プラグは日本と同じAタイプが使われています。

ポイント!
メキシコの電圧は不安定なため日本の電化製品を使う際は変圧器を利用しよう!

メキシコの水道水・トイレ情報

メキシコの水道水を飲むことは避け、水を飲む際は市販のミネラルウォーターを購入しましょう。

また基本的にホテルやレストランで出される水は飲んでも大丈夫ですが、ローカルレストランでは蒸留水でない場合もあり、氷が殺菌処理されていない場合もあるので「氷なし」で注文することがおすすめ!

そして気になるメキシコのトイレ事情ですが、訪れた建物のグレードにより、トイレの清潔度も変わってきます。

また水圧が弱いためティッシュをそのまま便器に流すと詰まる恐れがあり、便座が無いタイプもあります。

メキシコ旅行へ訪れる際は、ポケットティッシュや抗菌ウェットティッシュを持ち歩くようにし、用を足した後はゴミ箱にティッシュを捨てるようにしましょう。

※メキシコではトイレをバーニョ(Baño)と呼ぶよ!

・男性用はオンブレ(Hombre)またはカバイェロ/カバジェロ(Caballero)

・女性用はムヘール(Mujer)またはダマ(Dama)と呼びます。

ポイント!
中米では水洗トイレでも水圧が弱くて流れない!=流れていない!という事がよくあったよ!

メキシコの気になる治安

メキシコは階級社会のため、貧富の差がとても激しく、富裕層に対する強盗や窃盗が多発しています。

観光客を狙ったスリ・置き引き・ひったくり(ケチャップ強盗)に注意!

<スリ>
メキシコではカミソリを使ってバッグに穴を開ける方法と、混んでいる市内バスや地下鉄で複数人に押さえつけられスリ被害に遭うケースがあります。

※メキシコ・シティのレフォルマ通りを走るバスで押さえつけスリが多発している!

<ケチャップ強盗>

メキシコだけでなく中米の強盗被害でよくある手口が、複数人のグループにより背中にケチャップなどをつけられ、「汚れてるよ」と声を掛けられバッグを下した瞬間に強盗の被害に遭うことがあります。

<置き引き>
これはどこを旅行しても気をつけなければならないことですが、席を離れる時にバッグを置いたままにするのはNG!

そして高級ホテルに泊まっていたとしても、部屋の中に貴重品を置いておくことは避けるようにし、セーフティーボックスで管理するようにしましょう。

<ひったくり>
旅行をする時は記念写真を撮るのに集中しがちになりますが、気を抜いているとスマホ・デジカメなど手元にある物を一瞬で持ち去られ、ひったくりの被害に遭うこともあるので注意!

<流しタクシー強盗>

流しのタクシーに乗り、途中で強盗の被害に遭うというケースもある!

流しのタクシーの利用は避け、シティオ(呼び出しタクシー)を利用したり、乗る前にナンバープレートを控えるなど事前に対策をしましょう。

<国境付近は危険>

メキシコとアメリカの国境地帯は、不法越境労働者を狙う武装した人が多く治安が悪くなっているので、国境線のフェンス付近には決して近寄らないこと!

ほかにも以下のことに注意!

・夜道や人通りの少ない場所は避ける

・なるべくグループで行動する

・馴れ馴れしく話かけられてもついて行かない

・必要な現金だけを持ち歩く

・市内バスや地下鉄は避ける

・バッグから目を離さない

・高価な物は身につけない

ポイント!
私が訪れたマンサニージョは治安が悪いと感じることはなく、夕方くらいまでは一人でプラプラ歩きながらショッピングを楽しむことができました。

メキシコのマナーについて

メキシコ旅行へ訪れる際はメキシコマナーに気をつけ、楽しい旅の思い出が作れるようにしましょう。

<シエスタ:昼寝タイム>

メキシコではシエスタが習慣となっていて、季節によって少し異なりますが、14~16時までは商店だけでなく美術館も休みをとる所が多くなっています。

※都市部のシエスタの習慣はなくなっている。

<メキシコでの飲酒>

メキシコでは昼にサラリーマンが飲酒することが珍しいことではないのですが、公共の場や歩きながらの飲酒は禁止されているので注意!

屋外での飲酒は厳禁となっていて、酒類のビンやカンが見える状態で持っていたり、公衆の面前で酔っぱらうと逮捕されることもあります!

ポイント!
メキシコでは屋内の公共の場で喫煙することは禁止されているよ!

メキシコの気候

メキシコの国土は日本の5倍以上!

亜熱帯の海岸・砂漠や高原・高温多湿のジャングルなど!

地域によって気候差があり、雨季と乾季に分かれていて、暑い時期と寒い時期があります。

<乾季:10~4月>

湿度が低いので過ごしやすい時期となりますが、朝晩は冷え込み気温が10度以下になることもあるので、日差し対策だけでなくジャケットやセーターなどの防寒対策もしましょう。

<雨季:6~9月>

午後にスコールが発生しやすい時期となるので折りたたみ傘やレインコートなど雨具対策を用意しましょう。

気温は訪れる地域によって違いがあり、中央高原部では25度前後ですが、砂漠地帯は40度を超える日もあります。

日差し対策として、帽子・サングラス・日焼け止めなども準備しましょう。

ポイント!
メキシコは広大な国土のため訪れる地域によって準備する服装も変わってくるので、旅行をする際は訪れる地域の気候を事前にチェックしておきましょう。

メキシコ観光で使えるフレーズ

日本に訪れた観光客の方から道を聞かれて、最後に片言で「ありがとう」と言ってもらえると、感謝の気持ちが伝わりやすくなり嬉しさが倍増しますよね♪

その気持ちは私たち日本人だけでなく世界共通だと思います。

そこで!メキシコでは公用語がスペイン語となっているのですが、旅行で訪れた際に使える日常会話を紹介するので是非参考にご覧ください☺

こんにちは  : Buenas tardes(ブエナス タルデス)

こんばんは  : Buenas noches(ブエナス ノチェス)

ありがとう  : Gracias(グラシアス)

お願いします : Por favor(ポル ファボール)

さよなら   : Adiós(アディオス)

おいしい   : Está buena(bueno)(ブエナまたはブエノ)

はい     :   Si (スィ)

いいえ    : No (ノー)

いくら?   : ¿Cuánto cuesta?(クアント クエスタ)

ポイント!
スペイン語の「hola! (オラ)=やぁ!」は時間帯を気にせずに使える便利な挨拶フレーズ!

私が食べたメキシコグルメ♪

私はクルーズ旅で2016年11月上旬にメキシコのマンサニージョに訪れ、交流ツアーに参加してきました!

ツアーでいただいた昼食(メキシコ料理)を紹介したいと思います~☺

これ何て言う料理か分からないのですが、鶏肉の味が染み込んでいるスープのような料理で、ライムを絞っていただき、薬味の様な物を入れて食べたら辛くてビックリした!

パリパリのトルティーヤチップスと一緒にいただいたのですが、とっても美味しかったよ♪

私が訪れたメキシコ旅行記

私はクルーズの交流ツアーに参加してメキシコのカワイイ子供たちと触れ合ってきたのですが、そこで出会った人々は愛に満ち溢れていて元気いっぱいの子供たちからエネルギーを分けてもらいました!

メキシコ旅行の参考に是非こちらもご覧ください☺

どうも~ジーナ(@JiNA_0318)です☻ 今回はクルーズ24寄港地目となるメキシコの紹介をしたいと思います~ ...

どうも~ジーナ(@JiNA_0318)です☻ 今回はメキシコの交流ツアーで訪れた施設内の様子をご紹介したいと思います~ ...

どうも~ジーナ(@JiNA_0318)です☻ 今回はメキシコの交流ツアーで訪れた施設の中の見学を紹介したいと思います~ ...

メキシコのおすすめポイント!

メキシコの人々は音楽とダンスが大好き!

世界遺産の古代遺跡や、透き通ったカリブ海の綺麗なリゾート地など見どころとなっていますが、明るい人柄も心が惹かれる魅惑の国となっています!

ハロウィンとは違ったメキシコならでは「死者の日」は、街中が色鮮やかなドクロやオレンジ色のマリーゴールドで飾られ、死者を歓迎するというメキシコならではのお盆が素敵!

これからメキシコ旅行に訪れる計画がある人も、メキシコに興味があると言う人も、素敵な旅の思い出が作れるといいですね☺

スポンサーリンク

Share

follow