マルタ・バレッタ観光『シエージュベルウォーメモリアル』

どうも~ジーナ(@JiNA_0318)です☻

今回もマルタの首都・バレッタの観光をご紹介します~

聖ヨハネ大聖堂を見学し終わった後は、騎士団長の宮殿へ行きたかったのですが、もうすでに時刻は5時を回っていて、開館時間に間に合わず見学は断念しました。

しかし諦めの悪い私は、外観だけでも見たい!と思い、バレッタ市街を歩き回っていたのですが、それらしき建物を見つけることができず・・・

通りすがりのスーツを着ている男性に道を尋ねたところ、騎士団長の宮殿近くまで連れて行ってくれました!

マルタの人ってとても親切で、ジェントルマンだな~と感じる瞬間です。

だけど結局、どこにあるのか分からずじまいとなってしまって、諦めて市内観光をすることにしました。

せっかく近くまで案内してくれたのに申し訳ない・・・

この場を借りて、ありがとうございました!ジェントルマン~!

写真:マルタ共和国(首都バレッタ)

バレッタにはこんな感じの路地があり、結構階段が多い造りになっていますよ~

写真:マルタ共和国(首都バレッタ)

路地は観光客も少なくて、ゆっくりと散策することができます~

写真:マルタ共和国(首都バレッタ)

大きな扉も中世の時代を感じさせてくれます~

写真:マルタ共和国(首都バレッタ)

路地を突き進むと港へ到着!

写真:マルタ共和国(首都バレッタ・シエージュ ベル ウォー メモリアル)

こちらは『シエージュ ベル ウォー メモリアル』です。

ローワー・バラッカ・ガーデンの横側にあります。

写真:マルタ共和国(首都バレッタ・シエージュ ベル ウォー メモリアル)

鐘楼に上ってみると、中はこんな感じでした。

写真:マルタ共和国(首都バレッタ・シエージュ ベル ウォー メモリアル)

上を見上げると大きな鐘があり、今も現役で鳴るそうです。

12時に鳴る鐘の音は、きっと大きく響き渡るんでようね~

近くには鐘が鳴る際、近寄らないでねといった注意書きのような物があります。

写真:マルタ共和国(首都バレッタ・シエージュ ベル ウォー メモリアル)

鐘楼から下を見ると、大きな像が横たわっています。

ここは第二次世界大戦で亡くなったマルタ兵の慰霊で建てられました。

マルタはイギリス領土だった歴史もあり、エリザベス二世によって造られたんですよ~

写真:マルタ共和国(首都バレッタ・シエージュ ベル ウォー メモリアル)

少し遠目からの撮影。

写真:マルタ共和国(首都バレッタ・アッパー・バラッカ・ガーデン)

朝に観光したアッパー・バラッカ・ガーデンに戻ってみると、地元の学生が地べたに座りながら、みんなで勉強していました。

観光地だけではなく、地元の人からも愛されている場所なんですね~

写真:マルタ共和国(首都バレッタ)

バレッタが夕日に包まれ始めましたよ~

写真:マルタ共和国(首都バレッタ)

バレッタのメインストリートであるリパブリック・ストリートは、朝でも夕方でも人でいっぱいです~

写真:マルタ共和国(首都バレッタ)

そろそろ帰る時間が近づいてきたので、港の方へと向かいます~

写真:マルタ共和国(首都バレッタ)

港へと向かっている途中で、綺麗な夕日を見ることができました!

マルタの旅はこれで幕を閉じます。

本やネットで見た通り、はちみつ色に輝くマルタの建物はとっても綺麗で、歴史の深い街となっていました。

マルタは東京23区と同じくらいの大きさの小さな島ですが、観光地はたくさんあり、地元の人も優しく素敵な国でした~

今回はここまで!次回もお楽しみに~☺

スポンサーリンク

Share

follow