ペットと暮らしたいならウサギがおすすめ!?魅力と大変な出来事を紹介

どうも~ジーナ(@JiNA_0318)です☻

今日は久しぶりに目覚めの良い朝でスッキリ爽快な気分♪

え?なんか良いことでもあったかって?

ふふふふふ~

なんで私が爽快気分かと言うと・・・それはね!

目を覚ましたら目の前に私の相棒ネザーランドドワーフラビットのちゃちゃ丸のおしりがドーン!とあったからなのです。

丸いおしりと小さいシッポがとってもキュート♥

ちゃちゃ丸のシッポ!

ふわふわで堪らんわぁ~♥♥♥

別の角度から見ると~

こんな感じ!

ちょっと踏ん張ってる足もカワイイ~♥♥♥

でね、私の個人的な意見なのですが・・・

ウサギさんのシルエットで1番好きのなのが、この後姿!

丸い体にチョンってついてるシッポと、長い耳が少し覗く感じが好きなんです☺

私:『なんか今日は良いことありそ♪』なんて、朝一からちゃちゃ丸の姿を見て私の心は癒されているのであります。

そして今回は心を癒してくれるフワフワで可愛いペットと暮らしたい!と考えている方に、ウサギの魅力をご紹介したいと思います。

これを見たらウサギさんと一緒に暮らしたい気持ちがMAXになるかもしれませんよ~。笑

それでは、さっそくウサギさんの魅力について紹介していきま~す!

ウサギの魅力について

もしもペットとの暮らしを夢見ていて、どんな動物と暮らそうか悩んでいるあなた!

ペットと言えばワンちゃんや猫ちゃんが真っ先に思いつきますが、ウサギとの暮らしも楽しくて心が癒されますよ~♪

ウサギの魅力と言えばもちろん!かわいらしい見た目も魅力の1つとなっているのですが・・・

ほかにも、こんな魅力が満載となっています♪

・鳴かない(詳しく言うと『グゥ~』と唸るけど鳴き声がまったく響かない!)

・しつけはできないが・・・綺麗好きだからトイレを覚える!

・コロコロうんちで掃除がとっても楽ちん♪

・お風呂に入れなくても臭くない

・人の手を噛むこともない(ちゃちゃ丸に噛まれて流血したことは1度もないぜ!)

・基本的に性格は臆病だけど好奇心旺盛

・名前を呼び続けると反応するようになる ※個体による

・散歩は犬だけじゃない!ウサギと暮らすと『う散歩』ができるかも・・・!?(※ちゃちゃ丸は訳あって『う散歩』したことはありません。)

という感じで、ウサギさんの魅力をまとめてみました。

実を言うと私・・・ペット禁止のマンションに暮らしているので、鳴き声が響かないということが最大の魅力だった。

ちゃちゃ丸と過ごすようになってからは家で過ごす時間が楽しくなり、ウサギさんの行動が面白くて思わず笑ってしまうこともあり、幸せな毎日を過ごすことができています☺

ウサギとの暮らしで大変なこと

ウサギさんの魅力をお伝えしたからには、一緒に暮らして大変だなと感じた、私の個人的な意見も紹介したいと思います。

私が感じたウサギさんとの暮らしで大変だと思ったことは大きく分けるとこんな感じ!

・ウサギの足ダン

・何でも齧ってしまう鋭い前歯

・爪切りしないとダメ!

・ストレスに弱い

・ウサギを診てくれる動物病院が少ない

それでは個別に紹介していきたいと思います~

<ウサギさんの足ダンについて>

ウサギさんの特徴で欠かせないのが長くて大きな耳なんだけど、この耳のお陰で私たち人間が聞こえないような音も聞きとってしまうんだよね。

でね、ちゃちゃ丸は怒ったり嫌な音を聞いた時、気がたって急に足ダンという行動に出る時がある。

これは別に一軒家だったりマンションの1階に住んでいる人なら気にならないと思うけど、結構大きな音を出して響くから、ペット禁止のマンションで暮らす私は毎回ヒヤヒヤしてしまう・・・

<何でも齧ってしまう鋭い前歯について>

ウサギさんは生きている間ずっと歯が伸び続ける生物で、歯が伸びるたびにムズムズして仕方がないみたい。

でね、固い物を齧りたがるんだけど油断していると壁とか柱とか齧って一瞬でボロボロにしてしまうから注意が必要!

いちよ私の住むマンションで受けた被害はこちら。

ちょっと油断していたら壁紙を齧られてしまい、ペロンと剥がれてしまった・・・

このマンション退去する時に、どれだけの諭吉が飛んでいくのであろうか?

しかし、これはウサギさんとの暮らしで準備を怠ってしまった私に原因がある。

ちゃんとサークルを使って、ちゃちゃ丸が遊びやすい環境を用意していれば、こんな事態を招くことはなかったので、自業自得な被害と言えるのです。

<爪切りしないとダメ!について>

人間も爪が伸びる生物ですがウサギさんが論外になるわけではない!

自然界で生きるウサギは野原を駆け回っているお陰で自然と爪が削れていくようですが、家ウサギさんは定期的に爪のお手入れをしないと、爪が伸びすぎて毛づくろいする際に傷つけてしまったり、怪我の原因になってしまうことがあるのです。

なので、ちゃちゃ丸は3か月に1回ペースでペットのコジマさんへ連れて行き、スタッフの方に手際よく爪切りしてもらっています。

<ストレスに弱いについて>

うさぎさんて自然界では天敵に狙われていつ命を落としてもおかしくない環境で暮らしているから、自分の身を守るための本能が備わっている。

でね、その本能が強すぎると敏感になりやすくて、ちょっとした環境の変化によってストレスが爆発してしまうこともあるのです。

・・・最悪なケースではストレスが原因で死んでしまうウサギさんもいるんですよ~。

私の相棒ちゃちゃ丸も引っ越しをした時や、爪切りに行く時にとてもストレスを感じ、食欲がなくなってしまうこともあり、ひどく心配したこともありました。

しかし!ちゃちゃ丸のすごいところは毎回自力で回復すること!

ちゃちゃ丸はほかの家ウサギさんに比べると、警戒心が非常に強くストレスも感じやすくなっているのですが、なぜか生命力が半端無い!

ちゃちゃ丸との生活で7年目を迎えられたのは、生命力の強さのお陰でもあるのです。

<ウサギを診てくれる動物病院が少ない>

いつだったか忘れたけど、ちゃちゃ丸の様子がおかしいと感じ、急いで動物病院に連れて行ったことがあるのですが、ウサギということで3件の病院で診察を拒否されたことがあります。

その時の私は『動物病院じゃないじゃん!だったら犬・猫病院って看板出してよ!』と思わず叫びたくなったのですが、ウサギを診てくれる病院が少ないのは事実です。

どうしたらいいのか?このまま、ちゃちゃ丸とお別れになってしまうのか?と不安が押し寄せて仕方がなかったのですが、その日の夜ちゃちゃ丸は何故か自力で回復し翌朝には元気いっぱいになっていた。

この時は安心したのと同時に、ちゃちゃ丸が元気になってくれたことに涙が出るほど嬉しかったのを今でも覚えています。

まとめ

※日課の日向ぼっこ中のちゃちゃ丸

今回はウサギさんの魅力と一緒に暮らし始めて大変だなと感じた出来事を紹介したのですが、正直言ってウサギさんと暮らし始めて本当に大変な所はウサギを診てくれる動物病院が少ないってことです。

ほかの点については対策することで避けることもできますし、ストレスを感じないように工夫をすることで、ウサギさんが暮らしやすい環境を整えることができます。

そして、何と言ってもペット禁止のマンションでウサギを飼っているので、私と同じような環境でウサギさんと暮らさない限り、大変に感じることは少なくなると思います。

だけどね、私はちゃちゃ丸と暮らし始めてから、どんな時もそばに居てくれるちゃちゃ丸に感謝の気持ちが言い表せないくらい充実した暮らしを手にしました。

もしも私がちゃちゃ丸と会っていなかったら・・・

確実に人生の中で笑った回数が減ることは間違いないと思います。

心を癒してくれる動物と一緒に暮らしたいと検討中の方は、ウサギさんとのワンダフルライフも素敵ですよ~♪

スポンサーリンク

Share

follow