【アイスランド】時差・通貨・チップ・電圧・水・トイレ・治安・マナー・気候・会話を紹介

この度は数多くのブログが存在する中『JiNA’S WORLD』にアクセスしていただきありがとうございます!

私はこのブログ運営しているジーナ(JiNA_0318)です。宜しくね!☺

今回ブログにアクセスしていただいた皆々様は、アイスランド旅行を計画されている方や、又は関心を抱かれている方が多くいらっしゃると思うのですが・・・

そんな皆様のために!アイスランドがどんな国なのか?という疑問に応えるべく、ブログを通して情報を発信していきたいと思います。

これからアイスランド旅行へ出かける方や、アイスランド旅行に興味があるという方の少しでもお役に立てたら幸いです☺

それでは早速!アイスランドがどんな国なのか(時差・通貨・チップ・電圧・水・トイレ・治安・マナー・気候・会話・おすすめポイント)をご紹介していきたいと思います~♪

アイスランドの基本情報

正式国名 : アイスランド共和国

面積   : 10.3万km²

人口   : 約32万人

首都   : レイキャビク

種族   : アイスランド人

宗教   : プロテスタント(福音ルーテル派約86%)

言語   : アイスランド語・北ゲルマン語

アイスランドと日本の時差

アイスランドと日本の時差はマイナス9時間となっていて、日本がお昼12時の場合、アイスランドは同日の朝3時となります。

ポイント!
アイスランドではサマータイムは実施されていないので、いつでも時差はマイナス9時間!

アイスランドの通貨

アイスランドでは独自の通貨であるアイスランド・クローナが使われています。

<硬貨の種類>

1・5・10・50・100KRの5種類

<紙幣の種類>

500・1000・2000・5000・10000KRの5種類

現在のレート価格で表すと1アイスランド・クローナ=0.95円(※2018/12/28現在)

<税金>

アイスランドで買い物をする際は、ほとんどの商品に24%(食品や書籍などは11%)の付加価値税は料金に含まれています。

旅行者は「TAX FREE」と表示のある店で1回4000アイスランド・クローナ以上の買い物をした場合は払い戻しができる!

ポイント!
イギリスで物価高いなと感じたのですがアイスランドの方が高かった!(薬は安かった!)

アイスランドはチップがいるの?

アイスランドではチップの習慣がないので、チップを払わなきゃと心配することがありませんよ~

しかし素敵なサービスを受けて感謝の気持ちを伝えたい際は、お釣りの小銭を渡す程度でOK!

ポイント!
チップの習慣がないアイスランドの文化は日本と少し似ていますね!

アイスランドの電圧とプラグ

アイスランドでは電圧が220V、周波数は50Hzとなっていて、プラグはCタイプが使われています。

ポイント!
日本の電化製品を使う際は電圧を確認し変圧器と変換プラグを使いましょう!

アイスランドの水道水・トイレ情報

アイスランドの水道水は湧水が使われているので飲むことができます。

しかしお湯に関しては硫黄成分が含まれているため、暖かい飲み物を飲む際は注意!

お湯を沸かす際は必ず水を沸騰させてから飲みましょう。

そしてアイスランドのトイレ事情については、清潔で紙も備え付けられているので安心して使うことができますが、公衆トイレが少ないのでホテル・レストラン・博物館などですませるようにしましょう。

ポイント!
私もレイキャビクのカフェでトイレを借りたのですが、とっても綺麗だったよ!

アイスランドの気になる治安

アイスランドの治安は良いですが、近年では都市中心部で外国人窃盗団によるスリ・置き引き・ひったくりなどの被害が増えているので気をつけましょう。

ポイント!
個人的な意見ですがアイスランドに暮らす人々は心に余裕があり穏やかな表情をしていると感じました~

アイスランドのマナーについて

・アイスランドの首都レイキャビクでは、飲酒に対する取り締まりが厳しくなっていて、ビールグラスを店の外へ持ち出すと罰せられるので注意!

・博物館や美術館では写真撮影が基本的に禁止となっています。

・公共の場やレストラン・カフェ・バーなどの飲食店でも全面的に禁煙となっているので注意!

ポイント!
大自然が広がる人気観光地でゴミをポイ捨てしないなどにも気をつけたいですね!

アイスランドの気候

日本と同じようにアイスランドには四季があり、北極圏の近くに位置しますが、暖流と火山の地熱の影響で冬の寒さは比較的に穏やか。

しかし夏は風が強く涼しく感じる気候となり、防寒着の用意が必要になります。

<春:4~5月>

アイスランドの春は短く、首都のレイキャビクの最高気温は約5〜6度となり、日本人にとっては冬のような季節に感じるでしょう。

コートなどの防寒着が必要な季節!

<夏:6~8月>

アイスランドにも夏がやってきますが、日本の夏とは異なります。

首都のレイキャビクの最高気温は10度台までしか上がらず、夏でもセーターなど防寒着が必要になります。

<秋:9月>

アイスランドの秋は春よりも期間が短く、8月下旬辺りから気温が下がっていきます。

この時期は雨が降ることも多くなるので防寒対策と雨具が必要!

<冬:10~3月>

アイスランドの冬は期間が長く、10月には雪が降り始める季節となります。

首都のレイキャビクの最高気温はマイナス5度となり、内陸部や北部はそれよりも更に冷え込むので、ダウンコートなど防寒対策をしっかりと用意しましょう。

ポイント!
私がレイキャビクに訪れたのは10月の中旬だったのですが、嵐が来たため風も強く折り畳み傘も一瞬で壊れました!(笑)レイキャビクでは傘が販売されていなかったので雨具を用意する際は頑丈な傘かレインコートがおすすめ!

アイスランド観光で使えるフレーズ

日本に訪れた観光客の方から道を聞かれて、最後に片言で「ありがとう」と言ってもらえると、感謝の気持ちが伝わりやすくなり嬉しさが倍増しますよね♪

その気持ちは私たち日本人だけでなく世界共通だと思います。

そこで!アイスランド旅行へ訪れた際に使える日常フレーズをご紹介するので、是非参考にご覧ください☺

こんにちは  : Góðan dagiin.(ゴーザンダイイン)

こんばんは  : Gott kvöld.(ゴットクヴルド)

ありがとう  : Takk(タック)

さよなら   : Bless(ブレッス)

はい     :   Já. (ヤウ)

いいえ    :  Nei. (ネイ)

ポイント!
アイスランド語は難しいですが、少しぎこちなくても親切で優しい人柄の方が多かったので笑顔で応えてくれますよ!

私が訪れたアイスランド旅行記

私はクルーズ旅で2016年の10月上旬にアイスランドへ訪れたのですが、嵐が来ていたため船の停泊日数が短くなり、予約していたツアーをすべてキャンセルすることに・・・

せめて首都のレイキャビクの街並みを見てみたいと思ったのですが、その時の観光の様子も良かったら参考にご覧ください。笑

そしてアイスランドに到着する前に船の上で見たオーロラも紹介しているので、是非こちらもご覧ください☺

どうも~ジーナ(@JiNA_0318)です☻ 今回はクルーズ第17寄港地目となるアイスランドのご紹介をしたいと思います~ ...

どうも~ジーナ(@JiNA_0318)です☻ 今回は船の上から見たオーロラのご紹介をします~ オランダ・アムステ...

アイスランドのおすすめポイント!

緑が豊かで大自然が広がるアイスランドは、日頃の疲れを癒し、乾いた心を潤してくれる素敵な旅の思い出を作れること間違いなし!

オーロラが見てみたい!という方は、カナダなども人気スポットとなっていますが、是非アイスランドで鑑賞することもおすすめですよ♪

これから素敵な旅の思い出が作れますように☺

スポンサーリンク

Share

follow