おすすめ映画!『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』ネタバレなし紹介!

どうも~ジーナ(JiNA_0318)です

映画が好き!毎日必ず1本は見ている!

そんな私がおすすめする作品はこれ!

2002年に日本で公開された『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』をご紹介します。

ジョン・キャメロン・ミッチェル監督が脚本も手掛けた『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』は、オフ・ブロードで上演されていた作品を映画化したもの!

主人公のヘドウィグを演じているのは、監督・脚本も手掛けたジョン・キャメロン・ミッチェル自身で、歌唱力抜群と力強いステージパフォーマンスも見どころとなっている作品です。

【受賞】

第59回ゴールデングローブ賞の最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル)で、ジョン・キャメロン・ミッチェルがノミネート!

そのほかにも数々の賞を受賞し、世界中で愛され続ける名作となっています。

・サンダンス映画祭で最優秀監督賞と最優秀観客賞を受賞!

・ベルリン国際映画祭でテディ・ベア賞を受賞!

・ロサンゼルス映画批評家協会賞でニュー・ジェネレーション賞を受賞!

・サンフランシスコ国際映画祭で最優秀観客賞を受賞!

・シアトル国際映画祭で最優秀主演男優賞を受賞!

・ドービル映画祭ではグランプリに輝き、最優秀批評家賞と最優秀新人監督賞を受賞!

【キャスト】

映画『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』のキャストをご紹介します。

ヘドウィグ / ハンセル  : ジョン・キャメロン・ミッチェル

イツハク        : ミリアム・ショア

トミー・ノーシス    : マイケル・ピット

スキシプ        : スティーヴン・トラスク

フィリス・スタイン   : アンドレア・マーティン

【おすすめポイント】

この映画のおすすめポイントは、何と言っても楽曲!

キャッチーでありながら心の内をさらけ出した歌詞は、映画の世界をより一層深めてくれ、ジョン・キャメロン・ミッチェルの歌声も素晴らしいんですよ!

もう~この映画を見たら思わず、サントラが欲しくなる衝動に駆られること間違いなし!

そして!

この映画の魅力は楽曲だけではなく、カラフルな衣装や色鮮やかに演出された世界観も魅力的となっていて、さらにロマンティックなストーリーも人の心を掴む魅力となっています。

プラトンの愛の起源。

人は自分の片割れを探している。

性転換手術に失敗し、それでも自分の片割れを探し続けるヘドウィグの姿は、見る者のハートを掴み心に突き刺さる!

名作となっている『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』は、一生に一度は見るべき作品となっているので、まだ見たことがないという方は是非この機会にご覧ください。

こちらの作品!

見てみたいけど借りに行くのが面倒!

だけど・・・今すぐ見たい!という方必見!

Amazonプライム会員、もしくは1クリック設定を行っている方は、Amazonビデオでレンタルすることができ、その場ですぐに視聴できるんですよ~

【おすすめサービス】

今すぐ映画を見たい!という方におすすめのサービスがAmazonプライムビデオ』です~。

Amazonプライムビデオはプライム会員に月額400円(税込)、または年会費3,900円(税込)で入会することで、対象の映画やTV番組が見放題となり、まずはお試しで30日間の無料体験を利用することもできます。

そして!プライム会員になるとAmazonプライムビデオだけでなく、他にもたくさんのサービスも利用することができるようになりますよ~。

・お届け日指定やお急ぎ便が無料になる配送特典

・100万曲以上が聞き放題のPrime music

・写真を何枚でも保存ができるAmazon Photo

・対象のkindle本を毎月1冊無料で読めるKindleオーナーライブラリー

・通常よりもタイムセールに30分早く参加できる会員限定先行タイムセール

・見たい映画をレンタルして、その場ですぐに見ることができる!

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ(字幕版)

【ネタバレなし!ストーリー】

東ドイツで生まれた少年ハンセルは、愛する母からプラトンの愛の起源を聞いて育ち、その愛を手に入れるため性転換手術をする。

しかし手術は成功せず体には1インチのしこりが残ってしまう。

それでも、女として生きていくヘドウィグは、幼いころから夢見ていたロック・スターへの道を進み始めるが、そこで出会った少年との恋によって人生が思わぬ方向へ進んでしまう。

何もかも失い身も心もボロボロになるヘドウィグ。

果たして彼女は自分の片割れを探すことはできるのか?

心に突き刺さるヘドウィグの行く先を、是非Amazonプライムビデオ』でご覧ください。

スポンサーリンク

Share

follow