ハワイ観光!スピリチュアルな力が宿るパワースポット『モアナルア・ガーデン』

どうも~ジーナ(@JiNA_0318)です☻

今回はクルーズ最後の寄港地(25寄港地目)となったハワイ観光をご紹介したいと思います~

ハワイでは船が2日間停泊したため、今回はハワイ1日目の様子をご紹介したいと思います!

まずハワイに着いてから訪れたのが、「この~樹、なんの樹、気になる樹~♪」でお馴染みの『モアナルア・ガーデン』へ行きました。

船が停泊したホノルルの港からはタクシーを利用して30分ほどで着きますよ~

以前は入場料無料で公園の中に入れたそうなのですが、私たちが訪れた時には入口の近くにあった建物で3ドルお支払して中に入ることができました!

こちらの『モアナルア・ガーデン』は、もともとカメハメハ大王の所有地だったのですが、1884年に王家と繋がりのあったサミュエル・デーモンに譲られました。

その後、この公園をみんなから愛される公園にしたい!というサミュエルさんの粋な計らいで公園づくりが始まり、現代でも観光客だけでなくハワイに住む地元住民からも愛されている公園となっています。

モアナルア・ガーデンの中はとても広くて、公園の中には大きな樹がいっぱい並んでいました~

こちらの木は中南米が原産国となっている「モンキー・ポッド」という種類の植物。

樹齢100年以上の大木は高さが25メートル・葉の広がり部分は40メートルとなっていますよ~

『モアナルア・ガーデン』はパワースポットとしても有名な公園で、入口を入ってすぐの所にある大きな木が、お馴染みの歌で有名な「日立の樹」です。

日立の樹は「母・女性」を象徴していると地元の人から崇められていて、疲れを癒してくれる力が宿っていると言われています。

そして、日立の樹を通り越して公園の奥にたたずむ左側の樹も、地元の人々から愛されスピリチュアルな力があると言われる樹で、こちらの樹は「父・男性」を象徴している樹となっています。

モアナルア・ガーデンの左奥にある樹は、別名を『戦う樹』とも言われているそうで、問題を乗り越える力・目標に向かっていく強さを与えてくれる樹となっています。

ハワイはとても暑かったのですが、木の下に入ってみると涼しくて気持ちが良い!

私たちが訪れた時はまだお昼前の早い時間帯だったので、公園内には人が少なくて貸切状態でした。

戦う樹の下にはベンチのような木があり、その上には恐竜のような人形が飾られていました。

そして、戦う樹の下には壇上のような場所があり、周りは入れないようにロープで囲われていたのですが、神秘的な感じがしましたよ~

ふと足元を見てみたら、見たことのない不思議な鳥がいました。

人間だけでなく動物からも愛されている公園となっているんですね~

しばらくの間、私は友達と樹の下でゆっくりと過ごしていたのですが、とても居心地がよく1日中ここに居たいと思ってしまうほど、気持ちの良い空間となっていました。

『モアナルア・ガーデン』を満喫した後は、公園の向かい側にある大通りを渡ってバスに乗り、ハワイ最大と言われる「アラモアナ・ショッピング・センター」へと足を運びました。

バスはハワイの地元住民の人も利用していたのですが、お年寄りや荷物をたくさん持っている人が乗ってくると、言葉をかけることなく席を立ちあがり譲っている様子を見かけました。

日本では「どうぞ」と一声かけてから席を譲ることが多いと思うのですが、ハワイでは席を譲るのは当たり前!

「どうぞ」も「ありがとう」という言葉を交わす必要のない日常風景でした。

アラモアナ・ショッピングセンターで思う存分、買い物を楽しんだ後は、映画『フォレスト・ガンプ』でお馴染みのBubba Gump Shrimpで食事をして、ハワイ1日目の観光が終わりました~

今回はここまで!次回もお楽しみに~☺

スポンサーリンク

Share

follow