【フランス】時差・通貨・チップ・電圧・水・トイレ・治安・マナー・気候・会話・グルメ紹介

この度は数多くのブログが存在する中『JiNA’S WORLD』にアクセスしていただきありがとうございます!

私はこのブログ運営しているジーナ(JiNA_0318)です。宜しくね!☺

今回ブログにアクセスしていただいた皆々様は、フランス旅行を計画されている方や、又は関心を抱かれている方が多くいらっしゃると思うのですが・・・

そんな皆様のために!フランスがどんな国なのか?という疑問に応えるべく、ブログを通して情報を発信していきたいと思います。

これからフランス旅行へ出かける方や、フランス旅行に興味があるという方の少しでもお役に立てたら幸いです☺

それでは早速!フランスがどんな国なのか(時差・通貨・チップ・電圧・水・トイレ・治安・マナー・気候・会話・グルメ・おすすめポイント)をご紹介していきたいと思います~♪

フランスの基本情報

正式国名 : フランス

面積   : 約55万km2

人口   : 約6,603万人

首都   : パリ

種族   : ケルト人・ゲルマン民族(フランク系・ノルマン系)などの混血

宗教   : カトリック約80%・イスラム約7%・プロテスタント約1.5%など

言語   : フランス語・その他方言(ブルトン語・アルザス語など)

フランスと日本の時差

フランスと日本の時差はマイナス8時間となっていて、日本がお昼12時の場合、フランスは同日の朝4時となります。

<サマータイム>

3月最終日曜日から10月最終日曜日までがサマータイムとなり、この期間は日本の時刻からマイナス7時間となります。

ポイント!
サマータイムの時期は日本がお昼12時だった場合…フランスは朝の5時だよ!

フランスの通貨

フランスはEU加盟国であるため通貨はユーロ(€)とユーロ・セント(Euro Cent)が使われています。

<硬貨の種類>

1・2・5・10・20・50ユーロセント

1・2ユーロ

<紙幣の種類>

5・10・20・50・100・200・500ユーロ

現在のレート価格で表すと1ユーロ=126.53円(※2018/12/27現在)

ポイント!
フランス語ではユーロをEuro(ウーロ)・セントをCentime(サンチーム)と言うよ!

フランスはチップがいるの?

フランスではチップが義務化されているわけではなく、レストランやホテルでもサービス料金が含まれているのですが、素敵なサービスを受けた場合は感謝の気持ちとしてチップを渡しましょう。

ホテル   : 何か頼みごとをした際に2~5ユーロチップとして渡すのが目安。

※ベッドメイキングや掃除でのチップは不要。

タクシー  : 大きな荷物を運んでもらった際は2~5ユーロチップとして渡すのが目安。

レストラン : お店のランクにもよりますが料金の5~10%くらいが目安となり、カジュアルなレストランンの場合はお釣りの小銭を渡すのが目安。

ポイント!
昔はチップ文化が浸透していましたが現在はサービス料が含まれることが多くなり、チップを渡す機会は昔に比べると減ってきているようです。

フランスの電圧とプラグ

フランスでは電圧が220V、周波数は50Hzとなっていて、プラグは丸型のCタイプが使われています。

ポイント!
日本の電化製品を使う際は変圧器と変換プラグを使いましょう!

フランスの水道水・トイレ情報

フランスの水道水は飲むことができるのですが、石灰分が多い硬水となっているため、お腹を壊すか心配な方(飲みなれていない方)は、市販のミネラルウォーターを飲むことがおすすめ!

そして日本でならどこでも入ることができるトイレ事情ですが、フランス(ヨーロッパ)では日本と違い数が少なく有料トイレの場合もあります。

そして便座がなく、お世辞でも「綺麗なトイレですね~」と言えないような場合も・・・

なので!フランス(ヨーロッパ)旅行へ訪れる際は、ポケットティッシュを持っておくのがおすすめとなっていて、トイレを見かけた際は入っておくと後で後悔せずにすみますよ~

ポイント!
海外のトイレは日本よりも便座が高くて足がつかない!笑

フランスの気になる治安

フランス(ヨーロッパ)ではスリの被害が多い!

特に公共交通機関(電車・バスなど)を利用する際や、観光地の人込みでは注意が必要!

特にフランスへ訪れたなら必ずと言っていいほど立ち寄るパリでは、人気観光地でジプシーやアラブ系のスリ集団の被害に遭う可能性も・・・

貴重品は肌身離さず目のつくところで管理しましょう!

ポイント!
私が8年前にコンコルド広場に訪れた時、やたらジプシーの女性に話しかけられスルーして写真撮影をしていたのですが…バッグの中にジプシー女性の手が思いっきり入っていてビックリした!という体験をしました。皆様を気をつけてくださいね。笑

フランスのマナーについて

日本ではショッピングをする際にスタッフの方へ挨拶をする習慣がありませんが、フランスで同じことをしてしまうと感じの悪い人になってしまうので注意!

お店の中へ入る際は「Bonjour(こんにちは)」と挨拶をし、お店を出る際も「Au revoir(さようなら)」と挨拶をしましょう。

この挨拶は小さなカフェから高級レストランに入る際に必要なフランスマナーとなっていて、大型スーパーやデパートでは必要ありませんが、会計をする際にレジのスタッフの方に挨拶することは忘れないように!

ポイント!
日本では習慣がないので戸惑ってしまうかもしれませんが、こちらから挨拶をすると相手も笑顔で返してくれるので、積極的に挨拶をしたいですね!

フランスの気候

フランスの気候は国土が広く場所によっても異なりますが、日本と同じように四季があり、首都のパリは東京と同じ気候と考えてOK!

<春:3~5月>

まだ肌寒さを感じる季節でセーターなども必要。

フランス南部は半袖でも過ごせる気候になりますが、朝晩は気温が下がるので上着を持っていく必要あり!

<夏:6~8月>

フランスの夏は爽やかで過ごしやすくなっていますが、肌寒く感じる日もあり、室内ではクーラーが効いていることもあるので羽織物を持って行くと便利!

夏のフランス南部では太陽の日差しが強いので、帽子やサングラスなどで日焼け対策も!

<秋:9~11月>

10月に入ると気温が下がっていき、上着やセーターが必要になります。

そして、この時期は雨が降ることが多い時期ともなっているので、折り畳み傘など雨具も持って行きましょう~

<冬:12~2月>

寒さが厳しい時期になり、ダウンコートで防寒対策をすることがおすすめ!

フランスの南部はそこまで寒さが厳しくはなく秋に似た気候となります。

ポイント!
私がマルセイユに訪れたのは9月後半だったのですが、ロンT1枚で過ごしやすかったです。そして10月の頭にモン・サン・ミッシェルへ訪れたのですが、厚手のパーカーと上着を着て丁度良く感じる気候で、2月にパリへ訪れた際はとても寒かった!

フランス観光で使えるフレーズ

日本に訪れた観光客の方から道を聞かれて、最後に片言で「ありがとう」と言ってもらえると、感謝の気持ちが伝わりやすくなり嬉しさが倍増しますよね♪

その気持ちは私たち日本人だけでなく世界共通だと思います。

特にフランスは挨拶をすることを大切にする国となっているので、レストランでウェイターさんが料理を持ってきてくれた際も、Merci(メルスィ)と伝えましょう!

旅行へ訪れた際に使えるフランス語をご紹介したいと思います☺

こんにちは  : Bonjour(ボンジュー)

こんばんは  : Bonsoir(ボンソワー)

ありがとう  : Merci(メルスィ)

お願いします : S`il vous plaît(スィルヴプレ)

さよなら   : Au revoir(オヴォワー)

はい     :   Oui(ウィ)

いいえ    : Non(ノン)

いくら?   : C`est combien?(セ・コンビヤン?)

私が食べたフランスグルメ♪

私が2016年の9月後半~10月の頭にフランスへ訪れた際は、観光に時間を費やしたため、なかなかフランス料理をいただく機会がなかったのですが・・・

食べ歩きできるフランスパンは観光に時間が限られている方におすすめ!

こちらはパン屋さんでいただいたフランスパンのサンドイッチ♪

外側はパリパリで中はしっとりとしていて美味しかった!

そこまで料金も高くないので、リーズナブルに本場のフランスを堪能したい!という方にもおすすめの1品です~

私が訪れたフランス旅行記

私は2016年の9月後半~10月の頭にフランスのマルセイユと世界遺産モン・サン・ミッシェルの観光をしてきたのですが、その時の様子が気になるという方は是非こちらからご覧ください☺

どうも~ジーナ(@JiNA_0318)です☻ 今回はクルーズ10寄港地目になるフランス・マルセイユの旅をご紹介します。 ...

どうも~ジーナ(@JiNA_0318)です☻ 今回はフランス・マルセイユで訪れた、おすすめの観光スポット『ロンシャン宮』のご紹...

どうも~ジーナ(@JiNA_0318)です☻ 今回はフランス・マルセイユのシンボルとなっているノートル ダム・ド・ラ・ガルド寺...

どうも~ジーナ(@JiNA_0318)です☻ 今回も引き続きノートルダム・ド・ラ・ガルド寺院のご紹介をします。 ...

どうも~ジーナ(@JiNA_0318)です☻ 前回のノートルダム・ド・ラガルド寺院の続きで、今回はマルセイユのオールドポート(...

どうも~ジーナ(@JiNA_0318)です☻ 今回ご紹介する13寄港地目はフランスのル・アーブルです。 ...

どうも~ジーナ(@JiNA_0318)です☻ 前回の引き続きでフランスのル・アーブルの旅をご紹介します~ ル・ア...

どうも~ジーナ(@JiNA_0318)です☻ 前回の引き続きで『 モン・サン・ミッシェル(聖ミカエルの山)』の観光をご紹介しま...
どうも~ジーナ(@JiNA_0318)です☻ 今回はモン・サン・ミッシェルの修道院の中をご紹介します~。 ...

フランスのおすすめポイント!

人気の旅行先1位にも輝くフランスは、テレビや写真で見るだけではもったいない!

やっぱり自分の目で見る景色や芸術品の数々は見る者を虜にし、フランスが大好きになってしまう魔法のような力があります♪

人気観光地や世界遺産もたくさんあるフランスへ、是非この機会に訪れて素敵な旅の思い出ができるといいですね☺

スポンサーリンク

Share

follow