フランス|ル・アーブル観光

どうも~ジーナ(@JiNA_0318)です☻

今回ご紹介する13寄港地目はフランスのル・アーブルです。

ポルトガルのリスボン港を出発して、船での生活が2日間続きました。

天気もいい日が続き船の上から夕陽を見るのが日課となり、綺麗なグラデーションに染まった空を見ることができました。

こちらは船の上から見た海と空。

船の中で見た景色の中で1番好きな写真です~

<ル・アーブル>

フランスのル・アーブルは第二次世界大戦で行われたノルマンディー上陸作戦の砲撃や空爆の被害に遭い、街の8割が破壊された湾岸都市です。

その後、コンクリートの父と呼ばれた建築家オーギュスト・ペレによって街の再建が行われ、2005年に世界遺産に「オーギュスト・ペレによって再建された都市ル・アーヴル」として登録されました。

港から出ていたバスに乗りル・アーブル駅に着きました。

ここから電車に乗って観光しようと思っていたのですが、駅の中は人も少なくて静まり返っていました。

何が起きたのか分からなかったのですが、ル・アーブル~パリまでの区間で線路工事が行われていたため、見事に電車が1本も動いていない事態に遭遇・・・

電車が使えないとなるとバスかタクシーか交通手段が狭まるのですが、あいにく電車以外のアクセス情報を調べていなかったため、駅で途方に暮れることになりました。

これからどうしようか駅の中で悩んでいたのですが、フランスは5年ほど前に母と旅行に訪れたことがあり、この日は旅の疲れも出ていたのでゆっくり買い出しをしながら過ごすことにしました。

こちらは駅のホームにあった慰霊碑。

こちらには何か記念碑が建てられていました。

こちらはル・アーブル駅の近くの街の様子。

世界遺産に登録されている街はどんな感じだろうと思ったのですが、割と新しい建物が多くなっていました。

スペインの旅に続き思うようにいかない旅となってしまったル・アーブル。

仕方がないので先ほど乗ったバスに乗り、港近くにあるショッピングセンターへ向かうことにしました。

こちらがル・アーブルにある『DOCK』というショッピングセンターです。

昔、造船所があった場所に建てられたそうで、中はとても広くてたくさんのお店が軒を連ねていました~

ショッピングセンターでウィンドーショッピングを楽しんでいると、館内にメリーゴーランドを発見!

思わず写真に取ったら前にいたスタッフの方に「写真ダメだよ~」と注意されてしまいました。

何で写真ダメなんだろう?と疑問に思いつつ、船で仲良くしていただいた通称Sさんと合流してスーパーへ行き、船内生活で必要なものやお土産を買いました。

こちらのスーパーではカゴが引きづるタイプになっていて、Sさんはお土産にジャーキーを大量購入していました~

買い物が終わった後は隣のカフェでお昼ご飯を食べて、Sさんと仲良く船に戻りました。

今回はここまで!お楽しみに~☺

スポンサーリンク

Share

follow