クルーズ旅で見た光のカーテン『オーロラ』

どうも~ジーナ(@JiNA_0318)です☻

今回は船の上から見たオーロラのご紹介をします~

オランダ・アムステルダム港を出発して船は次の寄港地へと向かうのですが、その間の3日間は何とオーロラベルト圏内へと突入し、船の上からオーロラを鑑賞することができました!

このオーロラベルト圏内ではスタッフの方が見張り役となってくれ、オーロラが出た瞬間、船内に「オーロラ出たよ~」ってアナウンスが流れます。

デッキに出ると空に白い靄のようなぼやけた物が見え、肉眼では分かりにくいのですが、カメラで撮影すると緑色に光っていました~

これは私が撮影した物なんですけどね・・・

手ブレが半端無いですね!笑

オーロラ何度撮り直してもうまく撮れません!

私の能無しの技術ではオーロラの様子が伝わらないので、友達のKちゃんから許可をいただいて素敵なオーロラ写真をご紹介します~

Kちゃんが撮影したオーロラ。

私の写真と比べ物にならないくらい綺麗に写ってます~

嬉しいことに3日間船の上からオーロラ鑑賞することができ、最終日の午前3時頃は船の上がオーロラに包まれている状態になりました。

このオーロラ鑑賞は2年前の物ですが、今でもクルーズ史上最多となる観測だったみたいで、本当にラッキーな出来事でした。

<オーロラ>

オーロラはローマ神話に登場する女神「アウロラ:Aurora」が由来となっていて、英語では「ノーザン・ライト」と呼ばれています。

中世のヨーロッパではオーロラの上部に赤い光を見たことで血を連想させ、災害や戦争、そして神の怒りであると考えられていたそうです。

オーロラが発生するのは宇宙から飛んでくる電気が地球の大気にぶつかり、そのエネルギーが放出されることで現れる自然現象なんだそうです。

その自然現象が「空に浮かぶ光のカーテン」のように人の目から見えるんですね~

夜空を彩るオーロラは北極と南極の周りにあるオーロラ・オーバルと呼ばれる地帯に現れます。

日本でも北海道や新潟でオーロラ鑑賞をすることができるそうなのですが、おすすめの鑑賞スポットはカナダ・フィンランド・スウェーデン・ノルウェー・アイスランド・アラスカとなっています~

今回はここまで!次回もお楽しみに~☺

スポンサーリンク

Share

follow