クルーズ旅・船内生活で見た景色

どうも~ジーナ(@JiNA_0318)です☻

今回は陸からの景色ではなく、「クルーズで旅するってどんな感じなの?」と思われている方もいると思うので、船から見た景色や私の船内生活の過ごし方を番外編でご紹介したいと思います。

写真:クルーズ船で見た景色

こちらは船の後ろにあるデッキから撮影した景色です。

大きく広がる空と海! 

周りを見渡しても、その2つしか存在しません!

私はこの景色を眺めるのが好きで、船のデッキで日向ぼっこするのが日課でした!笑

(※晴れの日限定ですけどね・・・)

そして!運が良ければ野生のイルカを見ることができますよ~!

私はクルーズ旅で5回くらいイルカの群れを見たのですか、ものすごくテンションが上がったのを今でも覚えています!

船の横を泳ぐイルカの群れがジャンプすると、デッキに集まった人たちが「お~!」って歓声をあげていました。

イルカ以外にもアイスランド付近でクジラが潮を吹く光景を見た!という人もいましたし、ウミガメが泳いでいるのを見た!という友達もいましたよ~

海の生き物に出会えることもクルーズ旅の魅力の1つですね~

写真:クルーズ船で見た景色

こちらは船の横側にあるデッキから撮影したものです。

船が進む先も海と空以外何も見当たらず、大自然のど真ん中にいることを実感できる景色となっています。

写真:クルーズ船内生活

こちらは船の後ろの部分にあるデッキなのですが、プールとジャグジーがあり、誰でも自由に入ることができますよ~

天気の良い日は最高ですね~♪

写真:クルーズ船で見た景色

こちらは夕暮れ時に見た船から見える夕焼けの写真です。

私の船内生活1ヶ月目は独学で英語の勉強を頑張っていたのですが、途中で断念してしまいました。笑

英語の勉強をしなくなってからは、喫煙所で話をしたり、天気の良い日はデッキでお菓子を食べながらマニキュアを塗ってダラダラ~と過ごしていました。笑

写真:クルーズ船で見た景色

この写真おもしろくないですか?

天気いいな~と思って日向ぼっこしてたら急に空が暗くなって、何だろう?と上を見上げたら大きな雲に覆われていたんです。

この後は天気が悪くなって雨が降ってきてしまったので、恒例の日向ぼっこは中止・・・

写真:クルーズ船で見た景色

ちょっと小さくて分かりにくいのですが、たまに海鳥を見ることができました。

海の中に魚の群れがいるらしく、どうやらお食事中のようですね~

どこに陸があるかも分からないいのに、こんな遠くまで飛んでくるなんて・・・

自然界で生きる動物って何てたくましいのだろう~と感じる場面でした。

写真:クルーズ船内生活

こちらは朝ごはん。

天気がいい日は海を眺めながらのんびり朝ごはん食べてました。

陸の生活では朝ごはんを食べる習慣がなかったのですが、これを機に生活習慣を変えようと試みています。笑

写真:クルーズ船で見た景色(船内生活)

デッキの上はこんな感じで日差しがすごく強いです。

そのため日焼け止めを塗っても塗っても、悲しいことに肌の色は黒く変化していきます。

私は3か月半のクルーズ旅で、日焼け止めを合計8本持って行ったのですが・・・

残念ながら帰国した時には、肌が黒く焼けてしまいシミが増えてしまいました。

なので!これからクルーズで旅に出ようと考えている女性は、日焼け止めも大事ですが、UV機能を持ち合わせたショールやカーディガンで日焼け対策するのがおすすめ!

私の経験から言って日焼け止めよりも布で日焼け対策した方が断然効果がありましたよ~

寄港地に着くまでの船の生活では、こんな感じでゆっくり1日を過ごし、なるべく規則正しい生活を送れるように心がけていました。

日向ぼっこのほかにも、映画を見たり、読書をしたり、講習会に行ってみたり、たまに船の中にある居酒屋(バー)に行ったり、船の生活を満喫することができましたよ~☺

しかし・・・

クルーズ後半戦になると船内生活も飽き飽きしてしまい、グ~タラな1日を過ごすことが多くなった。

だけどね、それは人によって違うようで、私以外の人たちは積極的に船の催し物に参加したりして、忙しい毎日を送っている人もいました。

クルーズ旅に興味があるけど、船の中で缶詰め状態になることに不安を抱いている方!

クルーズ旅ではやることがなくて困ったこともありますが、それはやる気がなくなった私の状況から言えるもので、本当に何もすることがなくて困る!という環境ではありませぬ!

船の生活に飽きて早く日本に帰りたいと思ったこともありましたが、いざ日本へ帰ると船の生活が懐かしく感じるんですよね~ 笑

クルーズ旅は飛行機よりも時間がかかるけど!

船ならではの景色が広がっていたり、船ならではの楽しみ方があるので、クルーズ旅に少しでも興味があるならチャレンジしてみることがおすすめとなっています☺

スポンサーリンク

Share

follow