命を繋ぐ!映画『生きてこそ』Amazonで鑑賞!

2019年初鑑賞映画作品はこれ!

映画『生きてこそ』をAmazonプライムビデオで鑑賞しました。

どうも~ジーナ(@JiNA_0318)です☻

映画が好き!毎日必ず1本は見ている!

そんな私がおすすめする作品はこれ!

1993年に日本で公開されたアンデスの奇跡と言われるウルグアイ空軍機571便遭難事故を題材にした映画『生きてこそ』をご紹介したいと思います。

フランク・マーシャル監督が贈る映画『生きてこそ』は、ドキュメンタリー小説の『生存者ーアンデス山中の70日』を原作にした 作品。

1972年10月13日にウルグアイのラグビーチーム(乗員乗客45名)を乗せたのチャーター機がアンデス山脈に墜落し、16人の生存者がどのようにして生き延びたかドキュメンタリー・タッチで撮影された映画です。

映画『生きてこそ』:あらすじ紹介

ウルグアイのステジャ・マリス学園のラグビーチームはチリで行われる試合に参加するため、家族や知人と共にチャーター機に乗り出発したが、突然激しい揺れが機体を襲いアンデス山脈の高度4,200メートル地点に激突し墜落してしまう。

機体は2つに分解されたが奇跡的に生き残った者は、協力し合い重傷者の応急手当てをした。

しかし本来なら短時間のフライトであったため、水はもちろん食料もチョコしかなく、ただ救助が来るのを待つことしかできい状況に陥るが・・・

いつになっても救助が来ることはなくラジオの情報から墜落9日目で捜索が打ち切られたことを知る。

そして彼らは生き抜くために1つの選択肢を選ぶ。

映画『生きてこそ』:キャスト紹介

ナンド・パラド       : イーサン・ホーク

アントニオ・バルビ     :  ヴィンセント・スパーノ

ロベルト・カネッサ     : ジョシュ・ハミルトン

カルロス          :  ブルース・サムゼイ

ティンティン        :  ジョン・ハイムス・ニュートン

フェデリコ         : クリスチャン・J・メオリ

グスターボ         :  デヴィッド・クリーゲル

ロイ・ハーレイ       : ケヴィン・ブレズナハン

ハビエル・メトル      :  サム・ベーレンズ

リリアナ          :  イリーナ・ダグラス

ボビー           :  ジャック・ノーズワージー

フーゴー          :  ダニー・ヌッチ

アドルフォ         :  デヴィッド・キュービット

フェリペ          :  ジョシュ・ルーカス

カルロス(ナレーター)    :  ジョン・マルコヴィッチ

映画『生きてこそ』:おすすめサービス

今すぐ映画『生きてこそ』を見たい!という方におすすめのサービスが『Amazonプライムビデオ』

Amazonプライムビデオだと映画『生きてこそ』が動画配信されていますよ~

※2019年1月3日現在

Amazonプライムビデオはプライム会員に月額400円(税込)、または年会費3,900円(税込)で入会することで、対象の映画やTV番組が見放題となり、まずはお試しで30日間の無料体験を利用することもできます。

そして!プライム会員になるとAmazonプライムビデオだけでなく、他にもたくさんのサービスも利用することができるようになりますよ~。

・お届け日指定やお急ぎ便が無料になる配送特典

・100万曲以上が聞き放題のPrime music

・写真を何枚でも保存ができるAmazon Photo

・対象のkindle本を毎月1冊無料で読めるKindleオーナーライブラリー

・通常よりもタイムセールに30分早く参加できる会員限定先行タイムセール

・見たい映画をレンタルして、その場ですぐに見ることもできる!

生きてこそ (字幕版)

映画『生きてこそ』:おすすめポイント!

映画のはじまりではラグビー選手たちのはしゃいだ姿が学生らしくて、青春を謳歌しているな~と、気を抜いてみることができるのですが・・・

ストーリー展開が早くアンデス山脈に墜落するシーンはリアリティー溢れる映像で思わず固まってしまう(体に力が入る)!

寒さをしのぐだけでも体に応えるのに、食料がなく、救助も来ないと分かり・・・

肉体的にも精神的にも追いこまれる中、「生きて帰る」という気持ちがどれほど人に生命力を与えるのか見せつけられる作品です。

彼らが72日間アンデス山脈で生き抜くためには、苛酷な道を選ばなければならず、はじめから不可能と思っていたら何もできないと人生の教訓として教えてくれます。

この作品は宗教との葛藤も描かれているのですが、力を合わせて生きぬく姿と、命を繋いでいくという人の気持ちが熱く胸に響く。

これはもうおすすめ映画ではなく人生の中で1度は見るべき!映画となっているので、是非Amazonでご覧ください。

スポンサーリンク

Share

follow